自分の顔のキャラクタが作れる「ミー文字・アニ文字」が使えるiPhone・iPadは何?

この記事ではiPhone・iPadで自分に似たキャラクターを作れる「ミー文字」と「アニ文字」を使える機種がどの機種か紹介していきます。

ミー文字・アニ文字が使えるのはどの機種?

スポンサーリンク

ミー文字・アニ文字が使える機種は2019年10月現在、以下の機種です。

  • iPhone 11 Pro
  • iPhone 11 Pro Max
  • iPhone 11
  • iPhone XS
  • iPhone XS Max
  • iPhone XR
  • iPhone X(iOS 12以降)
  • iPad Pro 12.9インチ 第3世代
  • iPad Pro 11インチ

iPhone 8やIPhone 8 Plus、iPhone 7など上記以外のiPhone、さらにiPadではミー文字・アニ文字を使うことができません。

なぜiPhone X以降の機種しか使えないの?

スポンサーリンク

どうしてiPhone 8やiPadではミー文字とアニ文字を使えないのでしょうか。

アニ文字とミー文字を使える機種の境目は「iPhone X」です。

iPhone XからTouch IDが廃止され、Face IDを使うようになりました。このFace IDを可能にしたTrueDepthカメラが大きな鍵を握っています。

TrueDepthカメラは利用者の顔を認識し、ロックを解除しますが、同時に利用者の顔の動きも認識できます。

その読み取った顔の動きを利用したのがミー文字とアニ文字なんです。

そのためFace IDを搭載していない機種では、ミー文字やアニ文字を使うことができません。

 

関連記事