ベビーサインとは何?まず初めに読んできたいこと

スポンサーリンク

この記事ではベビーサインって何?と言う方が初めに読んで欲しい記事です。

このページでは「ベビーサインとは」を1ページでまとめているので、全体的にあっさりした内容かも知れません。

「もっと知りたい」という方は関連記事を順次公開してリンクを貼っていきますので、関連記事も併せて読んでいただけたら幸いです。

ベビーサインって何?

ベビーサインが何か?を簡潔に説明するなら、まだ言葉を話せない子どもが、口を使って話す代わりに手を使って「欲しいもの」「気持ち」さらに目にしたものを伝える「ジェスチャー」「ボディーランゲージ」のようなものです。

「ベビー手話」という言われ方をすることもありますが、手話のような文脈を意識することはありません。

生後半年や1歳くらいの小さな子供が使う言葉なので、「眠い」「ミルク」「もっとして欲しい」などといった単語でコミュニケーションを取ることが多いです。

スポンサーリンク

ベビーサインでどんなことができるの?

ベビーサインでできることを一言で言ってしまうと

言葉がまだ喋れない赤ちゃんと単語レベルではあるが、簡単な双方向のコミュニケーションを取ることができる

これに尽きます。家族が赤ちゃんに質問して、それに赤ちゃんが答える。または赤ちゃんが「おなかすいた」などシンプルなことではあるけど、自分の思いを伝えられるようになります。

その副次的な効果として「言葉を話す時期が早くなる」が挙げられますが、これはその子次第です。個人差があるので「早く話せるようになって欲しいか」と過度に期待しすぎないようにしましょう。

ベビーサイン教室に通った方がいい?

ベビーサインを学ぶとき、本や雑誌、インターネットをみて独学で学ぶ方法と、ベビーサイン教室に通う方法があります。

どちらがいいのでしょうか。

僕の考えは「必ずしも通う必要はない」です。僕自身、本を購入してベビーサインの教え方を学び娘に教えました。

とはいえベビーサイン教室に通うメリットもいろいろあります。
専門家にしっかり教え方を教えてもらえたり、ベビーサインと言う共通の興味を持った人たちと知り合えるのは大きな魅力です。

スポンサーリンク

どちらが良いかはご自身で考えてみましょう。

ベビーサインはいつから覚える?

ベビーサインを覚えるようになる時期は諸説ありますが、「座って遊べるようになる生後半年くらいから」と言われています。

これは「座れる」ことが大切なのではなく、赤ちゃんが少しずつ自分の思い通りに手を動かせるようになるのが、生後6ヶ月くらいからだからです。

ただこの「手の動き」は個人差があるため、もっと早くから器用に動かせる子もいれば生後半年ではまだまだ動かせない子もいます。あくまでも「目安」と考えた方がいいようです。

ベビーサインはいつから教える?

ベビーサインは生後半年くらいから徐々にできるようになると紹介しましたが、ではいつから教えるのがいいのでしょう。

答えは「いつからでもOK」です。早く教え始めると習得に時間はかかりますが早くからベビーサインを使えるようになります。

逆に10ヶ月とか1歳くらいから始めると早い子だとその日には覚えてしまうことも。

スポンサーリンク

興味を持ったときに教え始めるのがいいようです。

ここからは準備中です

この記事は下記の内容で執筆を進めているところです。書き上がり次第、順次公開していきます。

  • ベビーサインのメリットは?
  • ベビーサインのデメリットは?
  • ベビーサインはいつ頃から始めたら良い?
  • ベビーサインを教えるのは大変?
  • ベビーサインはどのくらいの期間で覚える?
  • ベビーサインの教え方はどうすれば良い?
  • ベビーサインで覚えておきたい言葉は?
  • ベビーサインはどのくらいの数覚えられる?
  • ベビーサインは独学でも良い?
  • ベビーサインをオリジナル、自分で作っても良い?
  • ベビーサインはいつまで使う?
  • ベビーサインを覚えない子もいる?