iOS 12.1は何が変わる!?新機能と変更点まとめ

2018年9月にiOS 12をリリースしたばかりですが、もうすでにiOS 12のアップデート版 iOS 12.1の開発が日々進められています。

より使いやすくよりバグが少なく、また開発者はより早く新しいiOSに対応できるよう、アップルは開発者はもちろん一般の人も開発途中版を試すことができるベータプログラムを公開しています。

この記事ではそれらのベータ版からわかるiOS 12.1の新機能・修正点を紹介します。

新機能:FaceTimeでのグループ通話

スポンサーリンク

もう何年も前からリリースされると言われ続けてきたFaceTimeのグループ通話がとうとうiOS 12.1で登場するようです。

最大で32人との会話ができるようになるそうです。

新機能:eSIMが一部のiPhoneで使えるように

スポンサーリンク

iPhone XS、iPhone XS Max、iPhone XRはiPhoneではじめてデュアルSIMに対応しました。

1枚は従来どおりのSIMカードを挿入し、もう1枚は内蔵されたeSIMと呼ばれるチップで対応することになります。

eSIMに対応したキャリアならSIMカードの差し替えをしなくても、iPhone内の設定でSIMを切り替えることができます。2枚のSIMがあれば、1枚は国内用、そしてもう1枚は海外旅行用や、1枚は仕事用、そしてもう1枚はプライベートとして使い分けることも可能です。

このデュアルSIMがiOS 12.1で付け替えるようになるといわれています。

追加:70以上の新しい絵文字が追加

iOS 12.1では新しい絵文字が76種類も追加されるとのこと。

新機能:リアルタイムでボケの調整が可能に

iPhone XSやiPhone XS Maxはポートレートモードで撮影した写真のボケを撮影後に変更することが可能です。

iOS 12.1ではこのボケ(被写体深度)の調整をリアルタイムで行うことができるようになります。

修正:iOS 12のバグが修正される

iOSに限らず、どのOSもバグ修正との戦いです。

iOS 12もそれは同じ。iOS 12.1ではiOS 12のバグや過去のiOSから修正されていないバグが修正されます。

新しいiPadの新機能が搭載される!?

噂の域は出ていませんが、2018年10月末から11月の上旬に新しいiPadがリリースされるといわれています。

「噂」とはいえ、ほぼ間違いなく新しいiPadは出るわけなんですけど、新しいiPad用の機能なので既存のiPadではiOS 12.1のベータ版を使っても新機能を試すことができません。

そのため現段階ではどんな機能が追加されるかベールに覆われた状態です。「横向きでFaceIDが使えるようになる」という噂が現段階ではあったりします。

情報元iDrop News | techrader | iPhone Hacks

関連記事