iPhone 11とiPhone 11 Proの新機能・目玉機能・変更点まとめ

iPhone 11とiPhone 11 Proの気になった機能、目玉機能をまとめました。

この記事ではCPUの性能など細かい数字的なことはあまり紹介しません。日常生活でiPhoneを使っていく上で嬉しい、便利な機能や変更点をまとめています。

カラーバリエーション

スポンサーリンク

カラーバリエーションはiPhone 11とiPhone 11 Proで合わせて10色もあります。

それぞれ色味の傾向が違い、iPhone 11 Proは渋く高級感のある色味。iPhone 11はポップで軽い色が多めになっています。

iPhone 11は明るい6つの配色

色は上から時計回りで

  • 赤(PRODUCT RED)
  • パープル
  • ホワイト
  • イエロー
  • グリーン

iPhone 11 Proは渋い4つの配色

色は左から

  • ゴールド
  • ミッドナイトグリーン
  • シルバー
  • スペースグレイ

「超広角」レンズは写真を撮るのが楽しくなる

スポンサーリンク

iPhone 11のカメラ性能をまとめました。
特に注目なのは新しいレンズの「超広角」。かなり広く撮れるのは魅力的。

iPhone 11は広角と超広角の2つのレンズ。iPhone 11 Proは広角、超広角、さらに望遠の3つのレンズが搭載されます。

超広角レンズ(新)

  • 焦点距離 13mm
  • 絞り F2.4
  • 視野角 120度
  • 12MPセンサー

光学手ぶれ補正はないようなので、超広角を使って歩きながら動画を撮るとそれなりに手ぶれを起こすということです。

広角カメラ

  • 焦点距離 26m
  • 絞り F1.8
  • 光学手ぶれ補正
  • 新しくなった12MPセンサー

望遠カメラ(iPhone 11 Proのみ)

  • 焦点距離 52mm
  • 絞り F2.0(より口径が広い)
  • 光学手ぶれ補正
  • 2倍の光学ズーム
  • 12MPセンサー

フロントカメラ(画面側のカメラ)

  • 絞り F2.2
  • スローモーションに対応
    セルフィーをスローで撮影できる(スローフィーというらしい)
  • 12MPセンサー

暗いところを撮影できる「ナイトモード」を搭載

iPhone 11は暗いところでも、より明るく撮影できるナイトモードが搭載されました。

Pro:屋外でより見やすいディスプレイに

ディスプレイがSuper RetinaからSuper Retina XDRに変わり、より屋外で見やすくなります。

バッテリーがさらに長く保つように

iPhone 11 Proは従来のモデルよりもさらにバッテリーの保ちがよくなりました。

  • iPhone 11 Pro … iPhone XSより4時間長い
  • iPhone 11 Pro Max … iPhone XS Maxより5時間長い

iPhone 11はXRと具体的な比較は掲載されていませんでした。

Pro:充電器が進化。より早く充電できる

初代iPhoneから同梱されていた5Wの充電器がやっと現役を退いて、新しい充電器は18Wになりました。

これにより充電速度がずっと速くなります。

iPhone 11は従来通りの充電器が同梱されます。

Face IDがより使いやすくなる

Face IDが今までより30%早く、さらに今までよりも「より遠くから」、さらに認識できる角度も広がりました。

Wi-Fi 6に対応

Wi-Fiの新しい規格 Wi-Fi 6に対応しています。

もし自宅や職場、よく行く場所のWi-Fiが最新の規格Wi-Fi 6に対応している場合は、より早いインターネット環境になります。

関連記事