ベビーサインはいつから教え始める?いつからできるようになる?

スポンサーリンク

この記事では子供にいつからベビーサインを教えるのが良いのか、またいつくらいからできるようになるのか?についてまとめました。

現在、公開済みのベビーサインに関する記事一覧です。興味のある記事があったら併せて読んでいただけたら嬉しいです

ベビーサインはいつからできるようになる?

子供がベビーサインを始められる時期については諸説ありますが「座って手を動かせるようになる生後6ヶ月くらいから」と言われています。

なぜ6ヶ月なのか?というと、それまでは赤ちゃんが自分の意思で上手に手を動かすことができないからです。

スポンサーリンク

「6ヶ月」はあくまでも目安で、赤ちゃんによって個人差があります。6ヶ月でも「まだまだ」という子もいれば、もっと早い段階から動かせるようになる子もいます。

ベビーサインはいつから教えてあげればいい?

ベビーサインを教え始める時期は「思い立った時」で大丈夫です。

生まれてすぐに始めても良いし、生後半年くらいでもいいし、生後10ヶ月、1歳になってからでもOKです。

我が家の場合、一人目の子供は生後半年過ぎくらいからベビーサインを教え始めて、最初のベビーサインを自分で始めたのは生後10ヶ月くらいでした。

二人目の子供は現在生後6ヶ月で、生まれた時から「おっぱい・ミルク」だけベビーサインを教えていました。そのせいもあって生後6ヶ月で、お腹が空いて泣くときは手が「おっぱい・ミルク」の動きをしています。

また別の家庭では生後1歳になるくらいの子供が言葉を話す気配がないから、ベビーサインを教え始めたというケースもあります。

早いタイミングから教えると習得まで時間がかかります。何ヶ月もかかることがあります。

ところが、生後10ヶ月とか1歳くらいの子供に教えると、早い時はその日にベビーサインを覚えることも。

スポンサーリンク