iPhone・iPadユーザーはAirPodsをMacで使わない方がいいかもしれない

スポンサーリンク

今回の話はiPhoneやiPad、さらにMacも使うユーザーはMacでAirPodsを使わない方がいいかもしれないという記事です。

僕は日々iPhone・iPad・MacのイヤホンをAirPods Proだけで繋ぎ変えながら使ってきました。
iPhone・iPadで使うAirPods Proはすごく満足度高いです。でもMacはどうか?というと満足度が若干低めだからです。

どんなところで端末を切り替えながら使う時Macは良くないのか、では一体どうするのがいいのか?まとめました。

AirPodsはMacだけ切り替えがイマイチ

僕の環境だけかもしれませんが、AirPodsはiPhoneとiPadの間は自動で非常にスムーズな切り替えを行えるのですが、Macは切り替えがイマイチです。

本来であればiPhoneやiPadでAirPodを使ったあと、MacでAirPodsを使おうとするとAirPodsが「近くにあります」という通知が出てきます。

スポンサーリンク

ところが多くの場合、AirPodsを耳につけて動画や音楽を再生しても、待てど暮らせど通知は来ません。Bluetoothから手動で接続させなければいけません。

最初からBluetoothの設定で切り替えなければいけないなら、そういうものだと思えるのですが「たまに繋がるし、たまに繋がらない」という気まぐれは扱いにくいです。

AirPodsを他の端末で使ってる時Macに通知が頻繁に出る

ただ繋がらないだけならいいのですが、iPhoneやiPadで動画や音楽を再生しながら、Macで作業していると頻繁にAirPodsをMacに繋ぎますか?という通知が来ます。

iPhoneやiPadで音楽や動画は再生していますが、Macは何も再生していないのにも関わらずです。この通知が本当に邪魔です。

個人的解決:Macは別のBluetoothイヤホンを使う

いろいろ考えたのですが、これらの問題を解決するのにベストな答えはAirPodsの接続が正常に行われるまでアップデートを待つのではなく、安くてもいいのでMac用に完全分離型のBlluetoothイヤホンを用意することなのかもしれません。

取り急ぎで有線のイヤホンを使ってみたのですが、ケーブルが邪魔すぎました。他にも左右が繋がっているBluettoothイヤホンも使いましたが、これはこれで片耳だけつけたときにもう片方が邪魔でした。

スポンサーリンク

なので完全分離型のBluetoothイヤホンが良さそうです。

今、購入を検討しているのはSOUNDPEATS Sonicです。販売価格が4,980円とAirPods Proの1/6でありながら、音質・バッテリーの持ちなどなど非常に評価が高い完全分離型のBluetoothイヤホンです。

AirPods Proを持っているのでそんなに高級なBluetoothイヤホンでなくてもよく、安価でありながら評価が高いので気になっています。このイヤホンをMacとペアリングして、逆にAirPods ProはMacに自動で繋がらない設定に変えてしまおうと検討中です。

MacにAirPodsを自動で接続しないようにする方法

最後にAirPodsをMacに自動で接続しないようにする方法を紹介します。

スポンサーリンク

  1. AirPodsをMacに接続する
  2. 画面左上のAppleロゴをクリック
  3. システム環境設定をクリック
  4. Bluetoothをクリック
  5. AirPodsの横にあるオプションをクリック
  6. このMacに接続自動からこのMacに接続していた場合に変更
  7. システム環境設定を閉じる

以上で次回から勝手にMacに繋がることがなくなります。

関連記事