「iPhone X買うか迷う人」は買わない方がいい。その理由

「iPhone X買うか迷う人」は買わない方がいい。その理由

iPhone Xの強度はどう?iPhone 8とiPhone 8 Plusとの比較落下テスト
iPhone/iPadの調子が悪いと思ったらまずは再起動をしてみよう【iOS 11・iPhone 8 iPhone X対応】
iPhone Xで画面上部にバッテリーのパーセンテージやタイマーのアイコンは出せない?

スポンサーリンク

とうとう10月27日、今度の金曜日にiPhone Xの予約がスタートしますね。予約開始は日本時間は午後4時01分からです。

製造に難航しているため製造数が相当少ないと噂されるiPhone X。どうしても発売日に手に入れたい人の中には発売日は会社を休んだり、その時間だけでも仕事を入れないように今から根回ししている人もいるとか。

でも、中には「iPhone X買おうか迷っている」という人もいます。

今回はそんなiPhoneXを買おうか迷っている人は買わないほうが良いかもしれませんよ?という話です。

今回の大きな変化は好みが分かれる

どうしてiPhone Xを買うのを迷っている人はiPhone Xを買わないほうが良いのでしょうか。

スポンサーリンク

一番の理由は「変化が大きすぎて、吉と出るか凶と出るかわからない」からです。

というのも、iPhoneは今まで数年おきに大きなバージョンアップを重ねてきました。最近の大きな変化でいえばiPhone 5sからiPhone 6の時に起こりました。

AppleはiPhone 5sまでずっと「4インチのディズプレイ」を使ってきました。ところがiPhone 6になって4.7インチ、さらにiPhone 6 Plusにいたっては5.5インチと巨大化しました。

このiPhoneが大きくなったことは今でも「iPhone 5sのサイズが最高!」という根強いファンが居ることからもわかる通り、好みが分かれます。

実際、iPhone SEが販売され意外と売れています。また5.5インチのPlusは大きすぎるから、4.7インチのiPhoneが良いという人もいます。僕は実際、iPhone 6 Pluswを買って「この端末は大きすぎる」と思い、それ以降Plusのモデルは買っていません。

今回は本体サイズ自体はiPhone 8とiPhone 8 Plusの中間くらいなので、サイズで大きな問題になることはありませんがiPhone Xは指紋認証のTouch IDがなくなり、さらにホームボタンもなくなります。

またそれに伴って、従来のホームボタンを使った操作はすべて別のものに置き換えられるなど、過去にない変化がやってきます

スポンサーリンク

それに値段も高いです。高いお金を払って操作性がイマイチ馴染まないというのは致命的です。笑えません。

すぐに買わず、様子見をするのが吉

もし「買うかどうか迷っている」のであれば、まずは店舗で実機を触ったり、発売されたあとにたくさん書かれるレビュー記事を読んでから判断することをお勧めします。

特に発売前、しかも販売数が非常に少ないと聞くと必要以上に欲しく思えますが、実機に触ってみるとこの端末にこのお金を出したいか?それとも次のiPhoneを待って今回は違うものを買うのか?などなど現実的に考えられると思います。

でも、迷いがなければ迷わず買ってしまいましょう!
ちなみに僕は買います。iPhone 6 Plusを買って「でかすぎた」とちょっと後悔した経験もありますけど、それもいい話のネタです。

スポンサーリンク

COMMENTS