iOS 11にしたらApp Storeのウィッシュリストがなくなった!

iOS 11にしたらApp Storeのウィッシュリストがなくなった!

【iOS 11対応】App Storeのアプリのアップデート情報を手動で更新する方法
【iOS 11】コントロールセンターから消えたNight ShiftやAirDropはどこにいった?
Apple、幾つかのバグを修正した「iOS 11.0.1」をリリース

スポンサーリンク

iOS 11がリリースされて、約1ヶ月。
ついさっき気がついてしまったことがあります。それはiOS 11にしたらApp Storeのウィッシュリストがなくなってしまったんです。

「どこかのタイミングで買おう」と思っていたアプリが幾つかあって、iOS 11対応になったら買うつもりでアップデートを待つつもりでいました。

App StoreがiOS 11で大幅にリニューアルされているので、場所が変わったのかと思って探してみたものの見つけられず。そこでいろいろ調べてわかったことをまとめてみました。

iOS 11でApp Storeは本当に消えてしまった

いろいろ調べてわかったことは、iOS 11になってウィッシュリストは姿を消してしまったようです。しかも、残念なことに過去に保存していたデータを見ることすらできません。

今後、iOS 11.1とかアップデートされて復活する可能性もゼロではありませんけど、iOS 11.0の場合、ウィッシュリストは存在すらしなくなりました。

スポンサーリンク

過去のデータは戻らないとしても、今後「これ欲しいけど今は買わない」と思ったアプリをどうやって管理したら良いのでしょうか。

今後は欲しいアプリのメモはどうすれば良い?

今後「このアプリ買いたい」と思ったアプリを見つけた場合、どうすればいいのか?というと他のアプリに欲しいアプリをします。

試しに「メモアプリ」に保存する方法を紹介します。

まずは保存したいアプリをApp Storeで開きます。
ここではUcカレンダーを保存してみましょう。Ucカレンダーを開いたらタイトルすぐ右下にある青い丸に3つ点が並んだアイコンタップ。すると共有するアプリやAirDropの送り先が表示されますので、メモに追加をタップ。

メモアプリをタップすると共有の画面が出てきます。
ここでそのまま保存することもできますが、メモを書いて保存しておくこともできます.その場合1行目がタイトルです。またメモを選択から既存のメモを選ぶことで気になるアプリをまとめたノートを作ることも可能です。

スポンサーリンク

上の右のスクリーンショットはメモに追加した時にどう表示されるのか?がわかるものです。

今回はメモアプリに追加する方法を紹介しましたが、これ以外にもリマインダーやEvernoteなど様々なアプリに保存することができるので、普段使うアプリに集約するのがいいのかもしれません。

追記:リマインダーに追加するのがGOOD

上の記事を書いてしばらく「メモ」アプリをウィッシュリストとして使って、「リマインダー」のほうが便利かも?と思いま’した。

というのもリマイダーの場合、まず1つ目は追加するとき、オプションを押すことで、どのリストに追加するか、また指定時刻や場所で通知、優先順などを決めることができます。

そして2つめはアプリをダウンロードしたあとは、リマインドを完了、もしくは消去するだけでリストから消すことができます。メモアプリの場合、その辺の管理が少し面倒くさいです。

スポンサーリンク

COMMENTS