iOS 10.3がリリース!アップデート前には「必ず」バックアップを取ろう

iOS 10.3がリリース!アップデート前には「必ず」バックアップを取ろう

新しいiPhoneを買って古いiPhoneから移行する前にやっておきたいこと
Apple Watchのバックアップを取る方法とバックアップされる内容
iPhone/iPadをiTunesでバックアップ取れないときの対処方法

スポンサーリンク

iOS 10.3が静かにリリースされましたね。

今回、何がアップデートされたのか?については「Apple、iOS 10.3をリリース!1分でわかる新機能まとめ」をご覧いただくとして、今回はアップデート前に「必ずバックアップを取りましょう」というお話しです。

なぜ、バックアップを取らないといけないのか。
それは最悪「全データを失う」なんていう笑えない自体に陥るかもしれないからです。

いったいなぜバックアップを必ず取らないといけないのでしょうか。

iOS 10.3のバックアップは内部的に大きなアップデート

今回のアップデートでiPhoneやiPadのファイルシステムが新しいものになります。

スポンサーリンク

今まではAppleは長い間「HFS+」というファイルシステムを使っていました。
HFS+の前身のHFSを含めると30年以上も前のファイルシステムをずっと使ってきました。それを今回iOS 10.3のタイミングで刷新し、APFS(Apple File System)というものにしました。

これにより当時は存在しなかったSSDストレージに最適化され、より暗号化なども強化されました。

とはいえ、「ファイルシステムが変わる」と言われても、ピンと来ない方が多いかもしれませんよね。

それで例えは少し変かもしれませんが、ちょっとした例え話をします。

今まで自宅で「HFS+」というじゅうたんを長年使っていたとします。
部屋の模様替えや新しい家具を買い替えても(iOSのアップデート)、同じじゅうたんを使っている分には家具の入れ替えだけで済みますね。

ところが新しいじゅうたん(APFL)を敷き直すとなったら、話は大事になるのは容易に想像できるはずです。いったん家具を家の外に出すわけにいかなければ、家具を一箇所に寄せて片方のじゅうたんを敷き直して、次は敷き直した方に家具を寄せて、さらにじゅうたんを敷き直します。

これとまったく同じことをしているわけではありませんが、イメージ的にはそんな感じです。

スポンサーリンク

そのため、普段のアップデートよりも何か不具合が起きる可能性や、起きたときの損失が大きいと言われています。もちろんAppleは、それを踏まえていつもよりも万全の体制でiOS 10.3のアップデートは挑んでいるはずです。でも、「万が一」を考えてバックアップをとっておくことは大切です。

いつもより時間がかかるので余裕を持って

バックアップを取ってから、アップデートをするのは普段よりも少しだけ時間がかかります。

なので、必ず時間に余裕を持ってアップデート行うようにしましょう。

あわせて読みたい

スポンサーリンク

COMMENTS