【iPhone・iPad】「メール」でスワイプした時のアクションを変更する方法

この記事ではApple純正の「メール」アプリのスワイプアクションを変更する方法を紹介します。

スワイプアクションというのはメールの一覧でメールを左右にスワイプすることで、メールを既読やアーカイブしたり、フラグを付けたりする機能です。

このスワイプした時の動作(アクション)を初期設定のまま使うのではな、自分がよく使うアクションにすることで、今までよりも便利にメールアプリを使えるようになります。

メール一覧のスワイプで行える操作

スポンサーリンク

まず初めにメールアプリのスワイプでできるアクションを紹介します。

左にスワイプすると

Appleのメールアプリでスワイプした時の動作

まずメール一覧を左にスワイプすると3つのアクションが割り当てられています。

  • アーカイブ
  • フラグ(変更することができます)
  • その他の操作

右にスワイプすると

Appleのメールアプリでスワイプした時の動作

そして右にスワイプすると「削除」が割り当てられています。

「その他の操作」で表示されるアクション

メールを左にスワイプするとアーカイブやフラグ以外の操作を行うことができます。

Appleのメールアプリでスワイプした時の動作

スクリーンショットにも載っているオプションを念の為、書き出すと以下の通りです。

  • 返信
  • 全員に返信
  • 転送
  • アーカイブ
  • フラグ
  • 未開封にする
  • メッセージを移動
  • ゴミ箱に入れる
  • 迷惑メールに移動
  • ミュート
  • 自分に通知

スワイプアクションを変更する方法

スポンサーリンク

それではスワイプした時のアクションを変える方法を紹介します。

スワイプした時の設定を変えるにはメールアプリからではなく「設定」から変更を行います。

スワイプアクションを変更する方法
  1. 設定を開く
  2. メールをタップ
  3. 下にスクロールしてスワイプオプションをタップ
  4. 左にスワイプ右にスワイプで変更したい方をタップ

左にスワイプで割り当てらるアクションは「なし」を含めて以下の4種類です。

  • なし
  • 開封済みにする
  • フラグ
  • メッセージに移動

そして右にスワイプに割り当てられるアクションは5種類です。

  • なし
  • 開封済みにする
  • フラグ
  • メッセージに移動
  • アーカイブ

ちなみに、そんな需要ないかもしれませんが、左右で同じアクションを割り当てることはできません。

関連記事