iOS/iPadOS 13.5リリース マスク着用時のFace IDスキップが可能に

本日2020年5月20日、AppleはiOS 13.5とiPadOS 13.5をリリースしました。

この記事ではiOSとiPadOSでどのような変更があったのか、まとめて紹介します。

iOS・iPadOS共通の変更点

スポンサーリンク

まずはじめにiOSとiPadOSで共通する変更点からです。

Face IDとパスコード

  • Face ID搭載デバイスでのマスク着用時のロック解除操作を簡略化
  • マスク着用時にロック画面の下端から上にスワイプすると、パスコードフィールドが自動的に表示
  • App Store、Apple Books、Apple Pay、iTunesや、Face IDでのサインインに対応するその他Appでの認証時にも使用可能

FaceTime

  • グループFaceTime通話で参加者が話しているときにビデオタイルのサイズが変更されないように、自動的に目立たせる機能を制御できるオプション

その他の修正・改善

  • 一部のWebサイトからストリーミングビデオを再生しようとしたときに黒い画面が表示されることがある問題を修正
  • 共有シートでおすすめやアクションが読み込まれないことがある問題に対処

iOSだけの変更点

スポンサーリンク

iOSだけの変更点が1点あります。

接触通知

  • 公的保健機関から提供される新型コロナウイルス感染症(COVID-19)接触追跡Appに対応する接触通知API

地味だけど「良」アップデート

今回のアップデートはかなり地味です。
でも、Face IDを搭載したiPhoneやiPadを使っている方にとっては、良アップデートであることは間違いありません。

実際にFace IDを使うとき、口元が覆われた状態ですぐにパスコードの画面に行くのは何気に使い勝手を大幅に向上します。

マスクをしてるときだけでなく、横になっているときなどこれまでFace IDが通らず、でもパスコードが出るまで時間がかかっていたシチュエーションが大幅に緩和されます。

それ以外にも多くのバグ修正や改善が行われているようです。

iOS、iPadOSのアップデートは

  1. 設定を開く
  2. 一般をタップ
  3. ソフトウェア・アップデートをタップ
  4. 画面の指示に従う

以上の手順で行うことができます。

関連記事