古いiPhoneでは使えないiOS 12の4つの新機能

スポンサー・リンク

新しいiPhoneやiPadのOS、iOS 12に搭載される新機能のなかには、機種によって(主に古い機種で)使えない機能があります。

この記事では、そんな「古いiPhoneでは使えないiOSの新機能」を4つ紹介します。

iOS 12を入れることができるiPhone

まずはじめにiOS 12を入れることができるiPhoneがなにか見ていきましょう。

古い機種からiOS 12にアップデートできる機種を並べると以下の通りです。

  • iPhone 5s
  • iPhone SE
  • iPhone 6 / iPhone 6 Plus
  • iPhone 6s / iPhone 6s Plus
  • iPhone 7 / iPhone 7 Plus
  • iPhone 8 / iPhone 8 Plus
  • iPhone X
  • iPhone XS / iPhone XS Max
  • iPhone XR

iPhone 5やiPhone 5cは非対応ということですね。

カメラの深度コントロール

iPhone XSやiPhone XRからポートレートモードで撮影した写真の被写体深度を撮影後でも調整できます。

ポートレートモードでの撮影はiPhone 8やiPhone Xでも行えますが、残念ながら対応していません。もちろんそれ以外の機種ではポートレートモードでの撮影すら行えないため非対応です。

Siriショートカット

SiriショートカットはExcelのマクロのように1つの動作をスタートさせると、対応したアプリを使って複数の動作を一気に行ってくれます。

このSiriショートカットはiPhone 5s、iPhone 6、iPhone 6 Plusでは使うことができません。

ミー文字

アニ文字の進化版、ミー文字では自分のキャラクター(分身)を作ってメッセージやFaceTimeで使うことができるようになります。

このミー文字はiPhone X以降の機種のみで使うことができます。

カメラエフェクト

アプリケーション内のカメラから直接、メッセージやFaceTimeにエフェクトやステッカーを貼り付けることができます。

このカメラエフェクトもSiriショートカット同様、iPhone 5sとiPhone 6 / iPhone 6 Plusでは動作しません。

情報元:iPhone Hacks

スポンサーリンク

Kindle Unlimitedなら無料で読める

「iPhone芸人 かじがや卓哉のスゴいiPhone 超絶便利なテクニック123」をKindle Unlimitedなら無料で読むことができます。(通常1,490円)

iPhone芸人 かじがや卓哉のスゴいiPhone 超絶便利なテクニック123
1,490円→Kindle Unlimitedなら無料!
★4.5 31件のレビュー
ソフトカバー版や通常のKindle版も有り
Amazonのページを見る

関連記事+広告