iPhone・iPadのアプリを前のバージョンに戻す(ダウングレードする)方法はある?

iPhoneやiPadのアプリをアップデートしたら「使い勝手が悪くなった」「使っていた機能がなくなった」「バグが増えすぎて使い物にならない」といったことがよくあります。

特にメジャーアップデートのあとはバグが多く、バグの種類によってはバグが修正されるまで使い物にならないことも。

そのため日々使っているアプリはアップデートを慎重に行わなければなりません。

そこで今回はiPhoneやiPadのアプリを以前のバージョンに戻す、ダウングレードすることはできるのか?を紹介していきます。

アプリのダウングレードはできなくなった

スポンサーリンク

答えを先に書いてしまうと、以前はアプリのダウングレードをする方法がありました。

やり方さえ知っていれば比較的簡単にダウングレードすることができたのですが、2017年9月にiTunesがアップデートされ、その道は絶たれてしまいました。

今までどんな方法でダウングレードをしていたのか

スポンサーリンク

それまでiPhoneやiPadのアプリはiTunesのなかにダウンロードされ管理されていました。

そのためiPhoneを使ってアップデートを行っても、パソコンの中には古いバージョンのアプリファイルがあったため、そのファイルをiPhoneやiPadに戻すことでダウングレードが可能だったんです。

それがiTunes 12.7からアプリのダウンロード・管理機能がなくなりました。

もうすでに絶たれてしまったやり方なので、細かく説明はしませんが、こんなやり方でアプリをダウングレードすることができました。

  1. アプリをアップデートする前に、古いバージョンのバックアップをWIndows、またはMacで取る。
  2. ダウングレードしたいアプリをiPhoneやiPadから消去する
  3. 古いバージョンのアプリを手動でiTunes経由でiPhoneやiPadにインストールする

たったこれだけでした。

今でもiTunesの古いバージョン(12.6)は、Appleのウェブサイトからダウンロードすることができます。

Deploy apps in a business environment with iTunes – Apple Support

ただしお使いのパソコンのOS(MacやWIndows)のバージョンによって古いiTunesはもう使えなかったり、不具合が生じる可能性があります。

また古いiTunesやアプリを使うということは、過去にあったバグが再び未修正になるということです。それ以外にもiPhoneやiPadを管理する上で不都合が出る可能性もあります。

つまり多少のリスクを追わなければいけないということですね。そのため個人的にはあまりオススメできません。

 

 

関連記事