iPhone/iPadのアプリを前のバージョンに戻す(ダウングレードする)方法はある?

iPhone/iPadのアプリを前のバージョンに戻す(ダウングレードする)方法はある?

【iOS】”アップデートをインストールできません”と表示されたときに試したい3つの対処方法
VLC 3.0.xは非常に不安定。ダウングレードする方法
iOS 12からiOS 11に戻す(ダウングレードする)方法

スポンサーリンク

iPhoneやiPadのアプリはアップデートしたら「使い勝手が悪くなった」「使っていた機能がなくなった」「バグが増えすぎて使い物にならない」といったことがけっこうよくあります。

特にメジャーアップデートのあとはバグが多く、日々使っているアプリの場合は、そのバグがけっこう致命的です。

そこで今回はiPhoneやiPadのアプリを以前のバージョンに戻す、ダウングレードすることはできるのか?を紹介していきます。

アプリのダウングレードはできなくなった

端的に言ってしまうと、以前はアプリのダウングレードはやり方さえ知っていれば比較的簡単にダウングレードすることができました。

ところが2017年9月にiTunesがアップデートされ、その道は絶たれてしまいました。

スポンサーリンク

というのも、それまでアプリや管理をiTunesで行うことができ、その機能を使ってダウングレードができました。それがiTunes 12.7からアプリのダウンロードや管理をiTunesから行えなくなったからです。

今までどんな方法でダウングレードをしていたのか

もうすでに絶たれてしまったやり方なので、細かく説明はしませんが、こんなやり方でアプリをダウングレードすることができました。

  1. アプリをアップデートする前に、古いバージョンのバックアップをWIndows、またはMacで取る。
  2. ダウングレードしたいアプリをiPhoneやiPadから消去する
  3. 古いバージョンのアプリを手動でiTunes経由でiPhoneやiPadにインストールする

たったこれだけでした。

今でもiTunesの古いバージョン(12.6)は、Appleのウェブサイトからダウンロードすることができます。

Deploy apps in a business environment with iTunes – Apple Support

ただし古いiTunesを使うということは、過去にあったバグが再び未修正になるということです。それ以外にもiPhoneやiPadを管理する上で不都合が出る可能性もあります。

つまり多少のリスクを追わなければいけないということですね。そのため個人的にはあまりオススメできません。

スポンサーリンク

 

 

スポンサーリンク

COMMENTS