【iPhone・iPad】アプリを前のバージョンに戻す(ダウングレードする)方法はある?

スポンサーリンク

iPhoneやiPadのアプリをアップデートしたら「使い勝手が悪くなった」「使っていた機能がなくなった」「バグが増えすぎて使い物にならない」といったことがよくあります。

特にメジャーアップデートのあとはバグが多く、バグの種類によってはバグが修正されるまで使い物にならないことも。

そのため日々使っているアプリはアップデートを慎重に行わなければなりません。

そこで今回はiPhoneやiPadのアプリを以前のバージョンに戻す、ダウングレードすることはできるのか?を紹介していきます。

アプリのダウングレードはできない

結論を先に書いてしまうと、アプリを古いバージョンにダウングレードする方法はありません。

以前はアプリのダウングレードをする方法がありました。

スポンサーリンク

やり方さえ知っていれば比較的簡単にダウングレードすることができたのですが、2017年9月にiTunesの仕様が変わり、その道は絶たれてしまいました。

この古い方法を未だに掲載しているブログやメディアがあるため、一部で「アプリのダウングレードができる」という情報が未だにあるのかもしれません。

今までどんな方法でダウングレードをしていたのか

ここからは「以前はどんな方法でアプリのダウングレードができたか」と言う余談になります。

それまでiPhoneやiPadのアプリはMacやWindowsにダウンロードされiTunesと言うアプリによって管理されていました。

そのためiPhoneを使ってアプリのアップデートを行っても、パソコンの中に古いバージョンのアプリファイルがあれば、その古いバージョンのファイルをiPhoneやiPadに戻すことでダウングレードが可能でした。

ところがiTunes 12.7からアプリのダウンロード・管理機能がなくなりアプリの管理はiPhoneやiPadで行うようになりました。

もうすでに絶たれてしまったやり方なので、細かく説明はしませんが、こんなやり方でアプリをダウングレードすることができました。

  1. アプリをアップデートする前に、古いバージョンのバックアップをWIndows、またはMacで取る。
  2. ダウングレードしたいアプリをiPhoneやiPadから消去する
  3. 古いバージョンのアプリを手動でiTunes経由でiPhoneやiPadにインストールする

スポンサーリンク