LINEのトーク履歴をバックアップする方法(自動と手動に対応)

スポンサーリンク

この記事ではLINEのトークを自動でバックアップする方法を紹介します。

僕はいぜん、トーク履歴の自動バックアップを知らなかったことで、トークの履歴が何ヶ月分も消えてしまった経験があります。

普段LINEを使っている人も、あまり使っていない人も自動バックアップの設定がオンになっているかチェックしてみましょう。

LINEのバックアップを自動的に取る方法

それではLINEのバックアップを自動で取る方法です。
バックアップの設定はLINEのアプリからおこないます。

  1. 画面下のメニューからその他をタップ
  2. 画面右上の歯車をタップ
  3. 少し下にスクロールしてトーク をタップ
  4. トークのバックアップ をタップ
  5. バックアップ頻度をタップ
  6. 自動バックアップがオフになっていたらオンに
  7. バックアップの頻度を好きな設定にする

これでトークのバックアップは自動的に取られるようになります。

「バックアップの頻度」は数日おきにすることもできますが、個人的には「毎日」にすることをお勧めします。

スポンサーリンク

ちなみに以下の設定から選べます。

  • 毎日
  • 3日に1回
  • 1週間に1回
  • 2週間に1回
  • 1ヶ月に1回

手動でバックアップを取ることもできる

LINEのバックアップは手動で取ることもできます。

iPhoneやiPadを買い替えて新しい環境に移行したい時。iPhone・iPadをリセットして復元したい時は手動でバックアップを取っておくと確実に最新版の状態で復元することができます。

操作方法は自動バックアップの設定を行うのとほぼ同じです。

  1. 画面下のメニューからその他をタップ
  2. 画面右上の歯車をタップ
  3. 少し下にスクロールしてトーク をタップ
  4. トークのバックアップ をタップ
  5. 今すぐバックアップをタップ

これでバックアップが作成され、完了すると一つ前の画面に戻ります。

スポンサーリンク

バックアップはどのタイミングで行われる?

LINEのバックアップは「毎日」「3日に1回」などを選べますが、具体的に何時にバックアップが行われるといった決まりはありません。

条件は2つあるようです。1つはiPhoneやiPadが充電中の状態。そしてもう1つがWi-Fi環境にいる時です。

バックアップは決まった時間に行うのではなく、iPhoneやiPadが電源に挿さった状態で、Wi-Fi環境にいるときに行うようです。

もし「今すぐバックアップを取りたい」というときは上で紹介した手動でバックアップを取る方法が使えますので、そちらをお試しください。

バックアップの保存先はどこ?

ちなみにバックアップはiCloud上に保存されます。
そのためiPhoneやiPadをなくしてしまったり、新しいiPhone・iPadに買い替えてもこれまでのトークを簡単に復元することができます。

一つだけ気をつけたいのは、iCloudにバックアップされるということは、iCloudの容量がいっぱいになっているとバックアップが取れなくなる可能性も。

スポンサーリンク

バックアップを取る画面にはバックアップファイルの容量が表示されていますので、気になる方はチェックしてみましょう。

関連記事