【iPad】トラックパッドの設定を変更する方法

iPadはiPadOS 13.4からトラックパッドが対応になりました。
それに合わせてトラックパッドとキーボードが一体化したiPad用のMagic Keyboardも発売され、一部で非常に話題になっています。

この記事ではMagic Keyboardに搭載されているトラックパッドはもちろん、Apple純正のトラックパッドMagic Trackpadや他社のトラックパッドの設定を変える方法を紹介します。

iPadのトラックパッドで設定できること

スポンサーリンク

iPadのトラックパッドは以下のようなことを設定することができます。

  • 軌跡の動き
  • ナチュラルなスクロール
  • タップでクリック
  • 2本指で副ボタンクリック

それぞれがどんなものか簡単に触れておきます。

「軌跡の動き」とは

軌跡の動きというのは指の動きに対してカーソルがどれだけ動くか決める設定です。

例えば少しの動きで大きく動かせるようにした場合、作業効率がいいのですが、その分「少しだけカーソルを動かしたいとき」に微妙な操作が難しくなります。

一方、大きく動かしても少ししか動かない設定はMagic Keyboardのようなトラックパッドが小さな端末で操作するのは向いていないかもしれませんが、微妙な操作はやりやすくなります。

「ナチュラルなスクロール」とは

ナチュラルなスクロールというのは、例えばSafariでニュースを読みながらページを下にスクロールするとき、指は「下から上」に動かします。

ところが多くのパソコンのトラックパッドで同じことを行おうとした場合、指の動きは「上から下」に動かします。

iPadやMacは初期設定ではナチュラルなスクロールオンになっていますが、逆にしたい場合はこのナチュラルなスクロールオフにします。

「タップでクリック」とは

タップでクリックとは、トラックパッドを1本指で1回タップすることで、クリックと同じ操作を行うことができます。

「2本指で副ボタンクリック」とは

2本指で副ボタンをクリックはマウスで言う「右クリック」です。

iPadのトラックパッドを設定する方法

スポンサーリンク

では、前置きが長くなってしまいましたが、iPadに接続したトラックパッドの設定を変える方法を紹介します。

この設定方法はMagic KeyboardやMagic Trackpadでも同じです。複雑ではありませんのでトラックパッドを使う方は覚えておきましょう。

  1. トラックパッドがつながっていることを確認する
  2. 設定を開く
  3. 一般をタップ
  4. トラックパッドをタップ

あとは先ほど紹介した4つの項目が出てきます。

設定の中で特に見直しをお勧めするのは「軌跡の移動」です。
トラックパッドの大きさによって使い勝手が大きく変わるので、いろいろ試してみることをお勧めします。

関連記事