他のiPhone・iPadで購入したアプリを勝手にダウンロードさせない方法

スポンサーリンク

この記事ではiPhoneやiPadで購入したアプリを他のiPhoneやiPadで勝手にダウンロードさせない方法を紹介します。

iPhoneとiPadを2つとも持っていたり、複数台のiPhoneやiPadを持っていると1つの端末でダウンロードしたアプリが、別の端末が勝手にダウンロード(インストール)されます。

両方で使いたいアプリの場合はそれはそれで問題ないんですけど、勝手にダウンロードして欲しくないことの方が多いように感じます。

そんな時は他の端末にダウンロードさせないように設定を変えてあげましょう。

他の端末で購入したアプリを勝手にインストールさせない方法

それでは他の端末で購入(ダウンロード)したアプリを別の端末に勝手にダウンロードさせない方法を見てみましょう。

設定は他の端末で購入したアプリをダウンロードしたくない端末でおこないます。

  1. 設定を開く
  2. 下にスクロールしてApp Storeをタップ
  3. 自動ダウンロードの中にあるAppオフ

スポンサーリンク

以上で設定は完了しました。これで他の端末で購入したアプリがダウンロードされることはありません。

この設定ができない場合は

もし上記の手順で設定を開いた後、App Storeというメニューがない場合はiOS 12かそれ以前かもしれません。その場合は下記の方法を試してみてください。

  1. 設定を開く
  2. 画面上部のApple IDのアイコンをタップ
  3. iTunesとApp Storeをタップ
  4. Appオフ

これで勝手にアプリをダウンロードすることはなくなります。

この設定画面では、今回紹介したアプリのダウンロード以外にも、別の端末で購入した音楽や本などを勝手にダウンロードするのをオフにすることができます。

他にも自動ダウンロードをするとき、モバイル通信でのダウンロードを許可するかどうかなどの設定もできますので、時間があるときに見直してみても良いのかもしれません。

関連記事