iPhoneやiPadを前のバージョンに戻す・ダウングレードする方法(2019年11月15日)

iPhoneのiOSやiPadのiPadOSをアップデートしてみたものの、不安定になったり、操作性が変わって使いにくかったり、中には使っていたアプリが使えなくなったりして「前のバージョンに戻したい」と思うことありますよね。

アプリのアップデートは一度行ってしまうと戻すことができませんが、iOSは通常新しいiOSがリリースされてから少しの間は「1つ前のOS」に戻すことができます。

それではさっそくiOSやiPadOSをダウグレードする方法を紹介していきます。

現在できるダウングレードのバージョンは

スポンサーリンク

初めに触れておかなければいけないことがあります。

上でも少し触れましたが、iOSのダウングレードは「1つ前のiOS」にしか戻すことができません。しかも、そのダウングレードできる期限は限られています。その期限を過ぎてしまうと、ダウングレードは行えません。

追記:2019年11月15日

2019年11月15日現在、最新のiOSは13.2.2、iPadOSも13.2.2です。

ダウングレードできる古いバージョンは提供されていません。

つまり今、iOS 13.2.2、またはiPadOS 13.2.2にアップグレードしてしまうと、それより古いバージョンにダウングレードしようとしてもできないということです。

ダウングレードの大まかな手順

スポンサーリンク

ダウングレードをするための大まかな手順は以下の通りです。

  1. 念のためバックアップを取る
  2. 旧バージョンのiOSのファイルをダウンロードする
  3. iPhone(iPad)を探すオフにする
  4. iTunesを使ってダウングレードをする

iPhoneやiPadのバックアップと、古いバージョンのiOSのファイルをダウンロードするのは時間がかかることがあります。時間に余裕を持ってやるようにしましょう。

またバックアップとiOSのダウンロードは同時に行ったほうが時間短縮に繋がります。

それでは上で紹介した4つのステップを1つずつ見ていきましょう。

iPhone・iPadのバックアップを取る方法

まず始めにiPhoneやiPadをLightningケーブル、またはUSB-CケーブルでPCやMacなどのパソコンに接続し、iTunes経由でバックアップを取ります。

ちなみにダウングレードは、iPhoneやiPadのデータを消しません。既存のiOSを上書きする形でダウングレードを行います。

そのためダウングレードがうまく行けばバックアップを使ってiPhoneやiPadの復元は行いません。バックアップはあくまでも「念のため」です。

古いバージョンのiOSをダウンロードする

次に1つ前のバージョンのiOSをダウンロードします。

やり方は以下の通りです。

  1. ipsw.meにパソコンからアクセスする。
  2. ダウングレードしたい端末をリストからクリック
  3. 端末の種類(iPhone XSやiPhone 8など)をクリック
  4. ダウンロードしたいiOSをクリックするとダウンロードが開始。

ダウングレードできるiOSは緑色で、ダウングレードできないiOSは赤色で表記されています。古いiOSへダウングレードできる期間は新しいiOSが出て数週間で、それ以降はファイルをダウンロードすることはできますが、インストールができなくなります。ご注意ください。

iOS 12は3.5GB前後ありますので、ダウンロードはそれなりに時間がかかるはずです。

もし間違えたファイルをダウンロードしたらどうなる?

もし間違えたiOS、例えばiPhone XSを持っていてiPhone XRのiOSをダウンロードした場合どうなるのでしょう?

もし間違えても、iTunesを使ってiOSをインストールする際に「インストールできません」と表記され、そこからインストールは進まなくなります。

なのでご安心ください。

「iPhone(iPad)を探す」をオフにする

次にiPhoneを探す、またはiPadを探すをオフにします。これをオフにしないとiOSのダウングレードをすることができません。

やり方は以下の通りです。

  1. 設定を開く
  2. 画面一番上のApple IDのアイコンをタップ
  3. iCloudをタップ
  4. iPhoneを探すまたはiPadを探すをタップ
  5. iPhoneを探すまたはiPadを探すオフ
  6. Apple IDのパスワードを入力

iTunesを使ってダウングレードをする

最後、4つ目のステップはPCやMacなどのパソコンを使って、iPhoneやiPadをダウングレードします。

  1. iPhoneやiPadをパソコンに繋ぐ
  2. iTunesを開く

iPhone・iPadをダウングレードする方法 iTunesを使う

  1. アップデートを確認をMacユーザーはoptionキーを押しながら、WindowsユーザーはShiftキーを押しながらクリック
  2. 先ほどダウンロードした古いiOSのファイルを探して選択する
  3. 開くをタップしあとは画面の指示に従う

あとはひたすら待つだけでダウングレードが進みます。

ダウングレード自体はiOSのアップデートと同じくらいの時間で終わります。その後も特別な操作を要求されることはありません。

関連記事