【AirPods Pro】片耳だけ装着してもノイズキャンセリングをオンにする方法

スポンサーリンク

この記事ではAirPods Proを片方だけ付けた状態でノイズキャンセリングをオンにする方法を紹介します。

一般的に「片方だけ付けた状態でノイズキャンセリングを使う」というケースはあまりないように思うかもしれません。

ところが意外と片耳だけAirPods Proを付けた状態でノイズキャンセリングを使うメリットはあるんです。

片耳だけノイズキャンセリングは意外と便利

「片耳だけノイズキャンセリングを使っても反対の耳から音が聞こえて意味なくない?」と思う方もいるかもしれません。

片耳が聞こえにくい・聞こえない人に朗報

まず最初に触れておくと「片耳が聞こえにくい、聞こえない」という人は片方だけAirPods Proを付けてノイズキャンセリングができるのは大きなメリットです。

スポンサーリンク

片耳だけ付けたい派にも朗報

それ以外に「片耳だけ付けたい」人もいます。僕はまさに「片耳だけ付ける」派です。

移動中や仕事や勉強などの作業中に両耳につけるのではなく、片耳だけ付けて音楽を聞いたり、ポッドキャストを聞く人もいます。

僕の場合、子供がいる状態で両耳にAirPods Proを付けると子供の声が聞こえません。それでは何かと不便です。そこで料理をしたり、洗い物をするときAirPods Proを片方だけ付けて動画を見たりします。

そんな「片耳だけ付けたい人」の場合、片方だけでもノイズキャンセリングがオンになっていると音が少しだけクリアに聞こえます。

もちろん両耳付けたときにノイズがサーっと消えるあの感覚はありません。ただ雑音が多い環境だとノイズキャンセリングを付けた状態のほうが音声が聞き取りやすいです。

片耳だけAirPods Proを付けた状態でノイズキャンセリングを使う方法

それでは設定方法を見ていきましょう。

  1. 設定を開く
  2. アクセシビリティをタップ
  3. 下にスクロールしてAirPodsをタップ
  4. AirPodsを1つだけ装着時にノイズキャンセリングオン

スポンサーリンク

以上でAirPods Proを片耳にだけ付けた状態でノイズキャンセリングをオンにすることができます。

あとはAirPods Proのステムを長く摘むと片方だけ付けた状態でノイズキャンセリングを切り替えることができます。

端末ごとに設定が必要

この設定で気をつけたいことが1つあります。それはこの設定はiPhoneで設定してもiPadでは引き継がれません。もしiPhone・iPadなど複数の端末を持っている場合は、それぞれの端末で設定して上げる必要があります。

Macでは設定できない?

これは不確な情報なのですが、今回紹介した設定をMacで見つけることができませんでした。なのでMacでは同じことができないのかもしれません。

もしご存じの方がいたらTwitter @how_to_ringo か問い合わせフォームから情報をいただけると嬉しいです。

うまく切り替えられないときは

僕が初めて「AirPods Proを片方がけ付けてノイズキャンセリングをオンにする」方法を設定したとき、なぜかうまく切り替えることができませんでした。

スポンサーリンク

そんなときは「iPhone・iPadの再起動」をして、もう一度上で紹介したAirPodsを1つだけ装着時にノイズキャンセリングをオンにしてみてください。

それでうまく使えるようになるはずです。