AirPodsやAirPods Proは音漏れする?

スポンサーリンク

この記事ではAirPodsやAirPods Proの音漏れについて紹介します。

電車やバスのなかでシャカシャカと音漏れしている人がいると迷惑ですよね。

でも意外と付けている人は自分のイヤホンから音が漏れていることに気づいていない人も。

AirPods・AirPods Proがどのくらい音漏れをするのか、

音漏れの有無を確かめる簡単な方法

AirPodsに限らず、自分が付けているイヤホンやヘッドフォンがどのくらい音漏れするのか確かめる簡単な方法があります。

その方法というのは、音楽などを流さずイヤホンを付けて、周りの音がどのくらい聞こえるか?を確かめるというものです。

スポンサーリンク

ノイズキャンセリング機能があるイヤホンの場合は、ノイズキャンセリングが周りの音をかき消してしまうのでオフにしてから周りの音を確かめましょう。

もしイヤホンを付けて、周りの音が普通に聞こえるということは、逆を言えばイヤホンから流れる音は外にそれと同じだけ漏れるということです。

もしイヤホンを付けて周りの音があまり聞こえない、もしくは全く聞こえないときは、音漏れも少なめということです。

AirPodsは音漏れするので外出時は要注意

まずはじめに「Pro」が付かないAirPodsとAirPods第3世代の音漏れから。

見出しにもある通り、AirPodsとAirPods第3世代は音漏れします。音漏れの度合いはAirPods 第2世代も第3世代も同程度です。

上で紹介した「音漏れするか確かめる方法」をやってもらえばわかると思いますが、周りの音がよく聞こえます。

そのため電車やバスのなかなど人と人の距離が近い場所や、図書館、職場などで静かだったり、周りの人が音に敏感になる場所ではあまり使わないほうがいいかもしれません。

EarPodsを持っている場合は

もしAirPodsの検討を考えていて、音漏れを気にする場合はAppleの有線イヤホンEarPodsを使ってみてください。

EarPodsは以前、iPhoneと一緒に同梱されていたイヤホンで耳の差込口がAirPodsやAirPods第3惰性とよく似ています。

そのため音漏れの程度はAirPodsとEarPodsでほぼ同じです。

逆に歩きながら使うのに向いている

音漏れがあるAirPodsなのですが、逆を言えば周りの音(環境音)が聞こえやすいので、歩きながら使うことに向いています。

音量を小さめにすれば車の音なども聞こえるため、後ろから車が来たことに気が付きやすいです。

スポンサーリンク

ただこれも音量が大きかったり、エンジン音が小さい電気自動車が近づいてたり、徒歩や自転車の人が後ろにいても気が付かないかもしれません。

AirPods Proは音漏れが少なめ

一方、AirPods Proは音漏れが少なめです。

AirPods Proはカナル式で耳の奥まで入るのと、イヤホンのゴムが耳を密閉するため外に音が漏れにくいです。

またノイズキャンセリングがあることで周りの音を消してくれるため、その分だけ流す音が小さくなる傾向があります。

ただ100%音漏れがしないわけではありませんので、周りに人がいる「音漏れは避けたほうがいい環境」では音量を小さくしたほうがいいでしょう。

created by Rinker
Apple(アップル)
¥29,036 (2022/06/29 23:10:42時点 Amazon調べ-詳細)

スポンサーリンク

「集中」したいときにピッタリのイヤホン

AirPods Proは外界の音をかなりかき消してくれるため、仕事や勉強、何かの作業に集中したいときはぴったりです。

音楽を流してもいいし、音楽を流さずノイズキャンセリングだけ使ってもかなり静けさを楽しめます。

歩きながら使うときは「外部音取り込み」に

AirPods Proは周りの音が聞こえにくく、さらにノイズキャンセリング機能を使うと、その僅かな周りの音もかき消します。そのため一種の「静寂」が訪れます。

その状態で歩きながらAirPods Proを両耳につけて行動するのは危険です。車や自転車、バイクなどに気が付かない可能性が高いです。

「歩きながら」の場合はAirPods Proの機能の一つ「外部音取り込み」を使って、外の音が聞こえる状態にすることをお勧めします。