Apple Watchが見つからない!iPhoneやiPad、Macを使って探す方法

スポンサーリンク

この記事ではiPhoneやiPad、Macを使って、どこに置いたかわからなくなったApple Watchを探す方法を紹介します。

フッとした拍子に腕から外したApple Watch。何気なくどこかに置いたりすると、あとから見つけられなくなったことが何度もあります。

そんなときに重宝したのがiPhoneなどのApple製品を使ってApple Watchを探す方法です。同じ経験をしたかはぜひ試してみてください。

所定の場所にないと見失いがちなApple Watch

多くの人がApple Watchは普段、腕に付けているか充電器の上に置いてあるのではないでしょうか。

ところがフッとした瞬間、例えば手首までしっかり手を洗いたいとき、酔っ払って帰宅したとき、旅行中でいつもと違う環境にいる時などにApple Watchを外すと、どこに置いたのかわからなくなってしまいます。

そんなときどこに置いたか家や職場、滞在先で自分の行動を振り返って探すのも良いのですが、iPhoneやiPad、Macを使えば意外と早く見つけることができるかもしれません。

スポンサーリンク

Apple Watchから音を鳴らして探すことができる

Apple Watchを探すときは「探す」アプリを使うか、もしくはブラウザを使って探すことができます。

「サウンドを再生」を使うとApple Watchからピピピピピ!とApple Watchから割と大きな音がなります。

Apple Watchから鳴る音は、大きな音楽が鳴る飲食店などでは聞こえないかもしれませんが、一般家庭だったらテレビや音楽を消せば聞こえるはずです。

どちらもApple. Watchから音を鳴らすことができるほか、GPS情報からどこにあるか地図上で示してくれます。そのため自宅にあるのか職場にあるのか、はたまたどこかのカフェやレストランにあるのか?などもわかります。

「探す」アプリでApple Watchを探す方法

まず初めは「探す」アプリを使って探す方法です。

  1. 探すアプリを開く(補足あり)
  2. 画面下のメニューからデバイスを探すをタップ
  3. 画面下のデバイスを探すの中からApple Watchを探してタップ
  4. 画面下のサウンドを再生をタップ

「サウンドを鳴らす」をタップするとピピピピピ!と音が鳴るので鳴ってる場所を探しましょう。

スポンサーリンク

「探す」アプリを見つけられないときは、アプリが並ぶホーム画面を上から下にスワイプしてみてください。Spotlightという検索の画面が出てくるので、その画面で「探す」と入力すると「探す」アプリを見つけることができるはずです。

ブラウザを使ってApple Watchを探す方法

続いてブラウザを使ってApple Watchを探す方法です。
手元に自分のiPhoneもiPadも、さらにMacもないときはブラウザを使って探しましょう。

  1. https://www.icloud.com/ にアクセス
  2. Apple IDでログインする(補足あり)
  3. iPhoneを探すをクリック
  4. 画面上のすべてのデバイスをクリック
  5. 一覧からApple Watchを探してクリック
  6. サウンドを再生をクリック

以上でApple Watchから音が鳴るので、あとはどこで鳴っているか探しましょう。

「2」番の「Apple IDでログインする」ですが、2ファクタ認証が設定されている場合、手元にiPhone・iPad、Macが何もないとログインするのが大変かもしれません。