【レビュー】iCloud写真からGoogleフォトに写真を転送してみた

スポンサーリンク

この記事では2021年3月から一部の国と地域でサービスが開始されたAppleのiCloud写真をGoogleフォトに転送できるサービスを使ってみたので、その経緯や実際の操作方法などを紹介していきます。

iCloud写真をGoogleフォトに転送できるサービス

これまでiCloudに写真をバックアップをとっていた人たちは、その写真を他の写真バックアップサービスに移行したい時、一度全てのデータをダウンロードして再び次の写真バックアップサービスにアップロードしなければなりませんでした。

数GBのデータなら手動でも行うことができますが、中には数百GB、さらに1TBもの写真や動画をアップロードしている人にとって、その作業は現実的ではありません。

ところがそんな悩みを解消させるサービスが2021年3月Appleから提供されました。そのサービスを使うとiClou写真をわずか数クリックでGoogleフォトに移行させることができます。

一部の国と地域限定。今のところ日本は未提供

スポンサーリンク

ただし2021年3月5日現在、この機能はアメリカ、カナダ、オーストラリア、EU、アイスランド、リヒテンシュタイン、ニュージーランド、ノルウェー、スイス、イギリスのみとなっています。

転送できるファイル形式

転送できるファイル形式は
.jpg、.png、.webp、.gif、一部のRAWファイル、.mpg、.mod、.mmv、.tod、.wmv、.asf、.avi、.divx、.mov、.m4v、.3gp、.3g2、.mp4、.m2t、.m2ts、.mts、 .mkv filesとなっています。

知っておきたいこと

Appleのサポートページ「Transfer a copy of your iCloud Photos collection to another service」にはファイル形式以外にも以下のような注意書きがありました。

  • もしiCloud常に保存されている写真が「編集後」の場合、転送される写真は「編集後」のものであり、オリジナルの写真は転送されません。
  • アルバムに入った写真はアルバムごと転送されますが、動画はそのまま転送されます。
  • アルバムの名前と動画のファイル名に「Copy of」がつきます
  • 共有アルバム、スマートアルバム、フォトストリーム、Liveフォト、メタデータの一部は転送されません

iCloud写真をGoogleフォトに転送してみた

僕はたまたま今回のiCloud写真をGoogleフォトに転送できるサービスの提供エリアに住んでいるので、早速転送してみることにしました。

スポンサーリンク

ちなみに手順を見てもらうとわかるとおり、日本ではサービスが提供されていませんが、全て日本語対応していて驚きました。

転送するための手順

iCloud写真をGoogleフォトに転送する方法 1/3
  1. privacy.apple.comにアクセス
  2. Apple IDとそのパスワードを使ってログイン
  3. 2ファクタ認証の画面が出るので許可するをタップ
  4. 6桁の数字を入力してログインする
  5. データのコピーを転送の下にあるデータのコピーの転送をリクエストをタップ
iCloud写真をGoogleフォトに転送する方法 2/3
  1. 写真の転送先からGoogleフォトを選ぶ
    ※ 2021年3月5日現在、選択肢はGoogleフォトのみ
  2. 転送しないデータのチェックを外す
  3. 次に進むをタップ
  4. 確認画面で問題がなければ次に進むをタップ
iCloud写真をGoogleフォトに転送する方法 3/3
  1. Googleのアカウントを選ぶ
  2. 許可をタップ
  3. 確認の画面で再度許可をタップ

以上で転送の設定自体は完了しました。最後に転送元と転送先の画面が出て、「転送を始めます」というメールが届きます。

問題なく転送完了してわかったこと

転送の依頼をかけたのが3月5日。そして転送が終わったと連絡が来たのは3月13日でした。つまり8日かかったことになります。

スポンサーリンク

要した日数に関してはその時の混み具合などによって大きく変わってくると思うので「参考程度」に留めておいたほうがいいかもしれません。

それではデータの転送が終わってわかったことを書き出しておきます。

重複ファイルは転送されない

すでにGoogleフォトにある同じ写真はGoogleフォトに転送されないようです。これは余計な写真や動画の重複を防げるという意味で良かったです。

ただどのくらいの写真が重複して転送されなかったのか、その辺のレポートが全くなかったので、「転送されたのかよくわからない」状態でした。なので、「◯枚の写真は重複していたため転送されませんでした」というレポートが欲しかったです。

転送前にアルバムに入れたほうがいいかも

Googleフォトに転送された写真は重複写真は勝手にスキップされ、ファイル名が変わっていたり、iCloudからの転送とわかるようなコメントがつくわけでもないため、どの写真がiCloudからGoogleフォトに転送されたのかわかりません。

動画はファイル名に「Copy of」が追加されるので検索することができます。

スポンサーリンク

そのため「どの写真がiCloudから来たのか把握したい」という場合は、iCloudからGoogleフォトに写真や動画を転送する前に「iCloudで写真と動画を特定のアルバム(例えばiCloud写真というアルバムに)に入れる」ことをお勧めします。

すると後でGoogleフォトに転送されてからも、アルバムを見れば転送してきた写真や動画だけ閲覧することができます。

関連記事