iPhone・iPadでイヤホンの音が小さいときに見直したい設定

スポンサーリンク

この記事ではイヤホンやヘッドフォンから出てくる音が妙に小さいときにチェックしたい設定を紹介します。

もしAirPodsシリーズをお使いの場合はAirPodsシリーズの調子が悪いときに見直したい項目をまとめた記事も別途用意していますので、そちらも併せてチェックしてみてください。

イヤホン・ヘッドフォンの音が小さいときに見直したい設定

それではさっそくiPhone・iPadで動画を見たり音楽を聴くとき、iPhone・iPadから音を出すと大きな音が出るのに、イヤホンやヘッドフォンを繋ぐと音が小さくなってしまうことがあります。

原因はイヤホンなどの故障や、そもそもの性能の違いという可能性もゼロではありませんが、iPhone・iPadのある設定によって音が小さくなっている可能性があるんです。

その設定をチェックする方法は以下の通りです。

  1. 設定を開く
  2. 下にスクロールしてサウンドと触感をタップ
  3. ヘッドフォンの安定性をタップ
  4. 大きな音を抑えるをオフにするか、その下のスライダーで音量を調節する

この「大きな音を抑える」という設定がオンになっていると、iPhone・iPadはイヤホン・ヘッドフォンから出る音を制限します。

スポンサーリンク

全く音を制限して欲しくない場合は、「オフ」にして、多少制限して欲しい場合はスライダーで音を調節してみましょう。

関連記事