【iPhone・iPad】タイマー撮影をする方法・設定方法

スポンサーリンク

この記事ではiPhoneやiPadのカメラアプリでタイマーを使った撮影をする方法を紹介します。

以前はiPhoneのカメラアプリにはタイマー撮影するためのアイコンが常に表示されていました。ところがiOS 13くらいからタイマーのアイコンが隠れてしまい、一見どこにあるのかわからなくなってしまいました。

そこで今回はタイマーのアイコンがどこに隠れているのか紹介します

iPhoneでタイマーを使った撮影をする方法

iPhoneでタイマー撮影を行うときは、以下の操作を行います。

iPhone でタイマー撮影をする方法
  1. カメラを開く
  2. 画面上にある上向きの>をタップ
  3. シャッターボタンの上にメニューが表示されるので、タイマーアイコンをタップ
  4. タイマーの秒数をタップ

あとはシャッターボタンを押せばタイマー撮影をすることができます。設定できる秒数は3秒か10秒です。

スポンサーリンク

ちなみにタイマーアイコンの並びには以下の設定を変えるアイコンもあります。

  • フラッシュ
  • Liveフォト
  • 写真の縦横比を変更
  • フィルター

iPadでタイマー撮影を行う方法

iPadは画面が広いため常にタイマーのアイコンが表示されています。通常はシャッターボタンの上にタイマーアイコンがあるので、そこをタップして時間を選べばOKです。

毎月のデータ通信を安くしませんか?

毎月の通信費を払いすぎていませんか?格安SIMに切り替えるだけで毎月・毎年の通信費を大幅に抑えられます

  • 格安SIMなら安心・定評がある「IIJmio

iPhoneの購入なら

BIGLOBEならiPhone 12と音声通話SIMセットで実質20,000円も安くなります。iPhone SE第2世代なら26,000円台で購入できる!

最新機種なら公式ショップもオススメ

関連記事