iPhone/iPadでライブフォトの写真が動かなくなったときの対処方法

iPhone/iPadでライブフォトの写真が動かなくなったときの対処方法

iPhoneで「Congratulations APPLE User!」というメッセージが出てしまうときの消し方
iPhone/iPadをiTunesでバックアップ取れないときの対処方法
iPhone/iPadでFaceTimeが繋がらないときに試したいこと(iOS 11対応)

スポンサーリンク

今回は「ライブフォトの写真が動かなくなったときの対処方法」を紹介します。

ライブフォトというのは、iPhone 6sから搭載された機能で、シャッターボタンを押した瞬間の前後3秒を録画し、まるでハリーポッターに出てくる写真のように一瞬だけ動く写真を撮影する機能です。

このライブフォトの写真を撮影して、写真アプリで見ても写真が動かないユーザーが時々います。いったいどうしてそうなってしまったのか、また再びライブフォトを動かす方法を紹介します。

ライブフォトが動かない原因

ライブフォトが動かない原因として「僕のiPhoneはライブフォトを撮影できないから、見れないのかもしれない」と思ってしまう人がいますが、実はiPhone 6sから導入されたライブフォトは、iPhone 6s以前のライブフォトを撮影できない機種でも表示することができます。

では、どうして動かなくなってしまったのか?というと、よく「iPhoneのバッテリーを長持ちさせる技」としてよく紹介される視覚効果を減らすオンにしてしまうと、ライブフォトは動かなくなってしまいます。

スポンサーリンク

ところが視覚効果を減らすオンにしたことを忘れて、ある日突然「ライブフォトが見れなくなった」と思ってしまうわけです。

ライブフォトを再び動かす方法

ライブフォトを再び動かすためには

  1. 設定から設定をタップ
  2. アクセシビリティをタップ
  3. 視覚効果を減らすをタップし、オフにします。

これでライブフォトは今まで通り表示されるようになっているはずです。

スポンサーリンク

COMMENTS