watchOS 6.2.8がリリース。何が変わった?変更点まとめ

Appleは2020年7月16日、watchOSの最新版「watchOS 6.2.8」をリリースしました。

この記事ではwatchOS 6.2.8で何が変わったのか、またwatchOSのアップデートにあたって注意したいことをまとめました。

watchOS 6.2.8は何が変わった?変更点まとめ

スポンサーリンク

今回のアップデートは2020年6月1日にリリースされた6.2.6からの「リビジョン・アップデート」なので大きな変更は加えられていません。

Appleが出したアップデートの内容は以下の通りとなっています。

  • Apple Watch Series 5での車のデジタルキーのサポートを追加
  • Apple Watch Series 4以降の「心電図」appがBahrain、ブラジル、および南アフリカで利用可能
  • 不規則な心拍の通知がバーレーン、ブラジル、および南アフリカで利用可能

これだけを見るとApple Watchを車のキーとして使わず、バーレーン、ブラジル、南アフリカに住んでいなければ関係がないアップデートのように思われるかもしれません。

ただAppleは発表しないだけで、細かいバグの修正やパフォーマンスの向上を行っていることが多いので、時間があるときにアップデートしておいて損はありません。

watchOSのアップデートの注意点

スポンサーリンク

watchOSをアップデートするときの注意点が2つあります。

それは「時間がかかる」ことと「充電しながらアップデートする」です。

アップデートの時間についてはアップデートの内容にもよりますが、watchOSのアップデートはiPhoneやiPadのアップデート比べて明らかに時間がかかります。

また充電しながらアップデートを行わなければいけないので、外出前にアップデートを始めてしまうと、出かける時間になってもアップデートが終わっていない。。なんてことに陥るかもしれません。

Apple Watch(watchOS)のアップデートを行うときは時間に余裕を持って行うようにしましょう。

個人的なお勧めは帰宅後の充電時に行う

個人的にお勧めのwatchOSのアップデートのタイミングは、自宅に帰って普段Apple Watchを充電するときです。

このApple Watchを充電器にセットしてアップデートを始めて、充電が終わる頃にはアップデートも終わっています。

それとアップデート中は時々、iPhoneのwatchアプリで進捗状況をチェックしてあげましょう。時々アップデートが止まっていることがあるので。

関連記事