iOS 13.6がリリース!いったい何が変わった?変更点まとめ

AppleがiPhone用のOS「iOS」の最新版「iOS 13.6」を2020年7月16日リリースしました。

今回のアップデートは2020年6月1日にリリースされた13.5.1からのマイナーアップデートで、若干の機能追加と多くのバグ修正・改善が行われています。

この記事ではiOS 13.6で何が変わったのかポイントをまとめました。

iOS 13.6。いったい何が変わった?

スポンサーリンク

iOS 13.6の大きな機能追加は2つ

今回のアップデートで変わった大きな点は以下の通りです。

  • 車のデジタルキー機能CarKeyを搭載
  • ヘルスケアで「発熱」や「喉の痛み」などを記録できるように

CarKeyに関しては、まずCarKeyに対応した車を持っていないといけないため、ほとんどの人が恩恵にあずかることはありません。

ヘルスケアで新たに入力できるようになった「発熱」「喉の痛み」などはウィズコロナの時代を考えると、日々の症状を入力できるというのは健康管理の観点から考えるといいのかもしれません。

iOSの自動アップデートがカスタマイズ可能に

iOS 13.6からiOSの自動アップデートをカスタマイズできるようになりました。

それ以外にも細かいバグ修正やパフォーマンスの改善が行われています。

iOS 13.6の詳細なアップデート内容

スポンサーリンク

ここからは上記の内容と重複しますが、iOS 13.6の詳細なアップデート内容です。

車のデジタルキー

  • iPhoneを使って対応車両のロック解除と施錠、およびエンジンの始動が可能
  • iCloud経由で紛失したデバイスからデジタルキーを安全に削除
  • iMessageでデジタルキーを簡単に共有
  • ドライバー固有のプロファイルを使って共有キーを構成し、フルアクセスを許可したり運転を制限したりすることが可能
  • 予備電力によって、iPhoneのバッテリーがなくなったあと最大5時間
  • 車のロック解除およびエンジンの始動が可能

ヘルスケア

  • “周期記録”から記録された症状などの新しいカテゴリを“ヘルスケア” Appに追加
  • 発熱、悪寒、のどの痛み、咳などの新しい症状を記録し、他社製Appと共有する機能を追加

バグ修正など改善点

このアップデートにはバグ修正およびその他の改善も含まれています。

  • Wi-Fiに接続されたときに自動でデバイスにアップデートをダウンロードするかどうかを選択するための新しい設定を追加
  • iCloud Driveからのデータの同期中にAppが応答しなくなることがある問題に対処
  • データローミングを有効にしていても、eSIMのデータローミングが無効になっているように表示されることがある問題を修正
  • サスカチュワン州からの一部の電話が米国から発信されているように表示される問題を修正
  • Wi-Fi通話で電話をかけたときに音声が途切れることがある問題に対処
  • 一部のiPhone 6SおよびiPhone SEでWi-Fi通話の登録ができない問題を修正
  • 特定の他社製ハードウェアキーボードに接続すると、ソフトウェアキーボードが予期せず表示されることがある問題を解決
  • 日本語のハードウェアキーボードが誤って英語(US)キーボードとしてマッピングされることがある問題を修正
  • AssistiveTouchが有効になっているときにコントロールセンターにアクセスした際の安定性に関する問題に対処
  • 常時接続のVPN接続によって送信されるトラフィックから除外するドメインを管理者が指定できるメカニズムを提供

関連記事