【iOS 16】古いiPhoneで使うことができない機能まとめ

スポンサーリンク

iOS 16は数々の新機能が追加されています。
では、それらのアップデートをすべてのiPhoneで使うことができるのか?というと、そんなことはありません。

お使いのiPhoneによって使うことができない新機能もあります。中には「楽しみにしていた新機能」が使えないことも。

そこでこの記事ではiPhoneごとに使える機能と使えない機能をまとめました。今後のiPhoneのご購入の参考にしてもらえたら幸いです。

iPhone 13とiPhone 14シリーズ

iPhone 13とiPhone 14はすべての機能を使うことができます。

対象iPhone

  • iPhone 14、iPhone 14 Plus、iPhone 14 Pro、iPhone 14 Pro Max
  • iPhone 13、iPhone 13 mini、iPhone 13 Pro、iPhone 13 Pro Max

スポンサーリンク

iPhone 12 ProとiPhone 12 Pro Max

iPhone 12 ProとiPhone 12 Pro Maxは以下の機能を使うことができません。

  • ポートレートで被写体の全景をぼかす
  • シネマティックモードで撮影時の正確性アップ

対象iPhone

  • iPhone 12 Pro
  • iPhone 12 Pro Max

iPhone 12、12 mini、iPhone 11、Xs、XR、iPhone SE 第2世代

iPhone 12とiPhone 12 mini、iPhone 11シリーズ、iPhone Xs、iPhone XR、iPhone SE第2世代は以下の機能を使うことができません。

  • ポートレートで被写体の全景をぼかす
  • シネマティックモードで撮影時の正確性アップ
  • 拡大鏡でドアや人物などを検知
  • 拡大鏡でドアを検出し、開け方を教える

対象iPhone

スポンサーリンク

  • iPhone 12
  • iPhone 12 mini
  • iPhone 11
  • iPhone 11 Pro
  • iPhone 11 Pro Max
  • iPhone Xs
  • iPhone XR
  • iPhone SE 第2世代

iPhone X、iPhone 8

最後にiPhone XとiPhone 8で使うことができない機能です。

  • ポートレートで被写体の全景をぼかす
  • シネマティックモードで撮影時の正確性アップ
  • 拡大鏡でドアや人物などを検知
  • 拡大鏡でドアを検出し、開け方を教える
  • ロック画面で被写体を写真の前に配置すること
  • テキスト認識機能
  • Siriを使って絵文字をメッセージで送信
  • Siriにアプリで何ができるか聞く
  • Siriを使って通話を終了
  • オフラインでもSiriを使って多様なリクエストを処理
  • 音声入力とキーボード入力の併用
  • 画像から被写体だけを抜き出す

多くのiPhone XとiPhone 8で使えない機能は「A12 Bionic以降を搭載したiPhoneのみで利用」とあります。A12 BionicはiPhone XsやiPhone XR以降に搭載されたものなので、iPhone XやiPhone 8で非対応となっています。

iPhoneの買い換えの境目はiPhone XとiPhone 8

iPhoneを買い換えるタイミングは人ぞれぞれです。
壊れた。バッテリーの減りが異常に早い。動作が重くなってきた。飽きた。などなど。

そんなiPhoneを買い換えるタイミングの一つに「新しいiOSの新機能が使えるか・使えないか」もあげられると思います。

今回のiOS 16の新機能の目玉は「ロック画面のカスタマイズ」なので、iOS 16をインストールできるiPhoneはすべて対応していますが、細かい機能でいくつかiPhone XやiPhone 8に対応していません。

スポンサーリンク

どれも重要な機能ではありませんが、「iPhone遅くなってきたし、最新の機能も使えなくなったし」といった感じで、買い換えを検討してみてもいいかもしれませんね。

また中古のiPhoneを買うときは次回のiOS 17でiPhone XSやiPhone XRで使えない機能が多くリリースされる可能性も高いので、少し先を見てiPhone 11、できればiPhone 12以降を購入することをお勧めします。