iPhone・iPadの「取り消す-入力」をオフにする・無効にする方法

スポンサーリンク

この記事ではiPhone・iPadを振った時に表示される「取り消す-入力」が出てこないようにする方法を紹介します。

iPhoneやiPadは本体を振ることで、直前に行なっていた入力などの編集を取り消す、元に戻す機能があります。パソコンでいうcommand(control)+zですね。

この時「取り消し」を行うときこのようなポップアップが表示されます。

iPhone・iPadを振って取り消すのを無効にする方法

この「本体を振って取り消し」はメールを書いていたり、文章を書いている時、意図せずiPhoneやiPadを振っても取り消しの確認が出てしまうため、「この機能いらない」と思う人が多いです。

実は「取り消し」はiPhoneやiPadを振らなくても行えるので、誤操作を招く「振ったら元に戻る」という機能をオフにしてもまったく問題ないです。

「取り消す-入力」をオフにする方法

それでは「iPhone・iPadを振って取り消し」をオフにする方法です。

スポンサーリンク

  1. 設定を開く
  2. 下にスクロールしてアクセシビリティをタップ
  3. タッチをタップ
  4. 下にスクロールしてシェイクで取り消しオフ

これで「本体を振って取り消し(シェイクで取り消し)」をオフにできます。

ただ取り消しができなくなってしまうと不便なこともあるので、シェイクで取り消しの代わりに使える「取り消し」の技も併せて紹介します。

iPhone・iPadを振って取り消しの代わりの技

本体を振って「取り消し」ができなくなってしまうと、何かと不便です。そんな時は2つの方法で「取り消し」を行うことができます。

「3本指でダブルタップ」で取り消しができる

1つ目は「3本指をダブルタップ」です。

3本指ダブルタップで取り消す方法 iPhone・iPad
  • 画面を3本指で1回タップ
  • 画面の上にメニューバーが表示される
  • 一番左にある矢印をタップ

これで「取り消し」をすることができます。ちなみにこのメニューバーは「取り消し」以外の操作も可能です。どんな操作ができるのか、左から順番に書き出しました。

スポンサーリンク

  • 取り消し
  • カット
  • コピー
  • ペースト
  • 取り消しの取り消し

「3本指で左にスワイプ」

2つ目の方法は「3本指で左にスワイプ」です。

「取り消し」「元に戻す」だけなら「3本指でダブルタップ」より「3本指で左にスワイプ」のほうが簡単かもしれません。

ちなみに「3本指で右にスワイプ」をすると「取り消しの取り消し」を行うこともできます。

毎月のデータ通信を安くしませんか?

毎月の通信費を払いすぎていませんか?格安SIMに切り替えるだけで毎月・毎年の通信費を大幅に抑えられます

  • 格安SIMなら安心・定評がある「IIJmio

iPhoneの購入なら

BIGLOBEならiPhone 12と音声通話SIMセットで実質20,000円も安くなります。iPhone SE第2世代なら26,000円台で購入できる!

最新機種なら公式ショップもオススメ

関連記事