AirPodsを売る前・誰かに譲る前にやっておきたいこと

この記事ではAirPodsやAirPods Proを売る前にやってきたいことを紹介します。

AirPodsやAirPods Proは、iPhoneやiPad、パソコンのように個人情報が入っているわけではないので、そこまで細かい事を気にする必要はないかもしれません、でも本当に気にしないで良いのでしょうか。

実はAirPodsを売る前にやっておかなければいけないことがあるんです。

AirPodsとApple IDのヒモ付けを解除する

スポンサーリンク

AirPodsは購入してから設定までほとんど何もすることがありません。

ケースから出してiPhoneやiPadに近づけるだけで、iPhoneやiPadとペアリングされる驚きの簡単さです。

実はそのAirPodsやAirPods Proをケースから出して、iPhone・iPadとペアリングした瞬間にあなたのApple IDと自動的にヒモ付け(関連付け)されているんです。

そうすることで同じApple IDを使っている別の端末を使うとき、再度ペアリングをしなくてもAirPodsを接続することができます。

そのため、AirPodsを売却する前や誰かに譲る前には、Apple IDとの関連付けを解除してあげる必要があります。

といっても難しい操作をするわけではありません。

AirPodsの登録を解除する

AirPodsを売る前・譲る前にやっておきたいこと

  1. 設定を開く
  2. Bluetoothをタップ
  3. AirPodsの右にあるをタップ
  4. このデバイスの登録を解除をタップ

これで同じApple IDを使っているすべての端末からも登録が削除されました。簡単です。

再度AirPodsを繋げたいときは購入時と同じで、AirPodsをiPhoneやiPadに近づけて画面の指示に従って設定を行っていくだけです。

「探す(iPhoneを探す)」から登録を削除する

それともう1つが「探す」「iPhoneを探す」からAIrPodsの登録を削除します。

  1. AirPodsをケースに入れる
  2. 探すアプリを開く
  3. デバイスを探すのなかからAirPodsを見つけてタップ
  4. デバイスを削除をタップ

以上で完全にあなたのApple IDとのヒモ付けは切れたので安心して売ったり、譲ったりすることができるようになります。

関連記事