iPadを買ったら、iPhoneのアプリはそのまま使える?

スポンサー・リンク

今までずっとiPhoneを使っていて、iPadを新たに買う時「iPhoneで使っていたアプリをそのままiPadで使えるのか」といった疑問を持つ人がいます。

そこで今回はiPadを購入する前に知っておきたいiPhoneとiPadのアプリについて紹介します。

iPhoneで購入したアプリはiPadでダウンロードできる

スポンサーリンク

iPhoneで購入したアプリは、新たに購入したiPadにiPhoneで使っていたApple IDを設定すればダウンロードすることができます。

そのためもしiPhoneは私物で使っていて、iPadは会社から与えられたもので別のApple IDを使う時は新たにアプリを購入しなければなりません。

厳密に言うとアプリをダウンロードするときだけ、App Storeで使うApple IDをiPhoneで使っているApple IDにして、アプリのダウンロードが終わったら、もとのApple IDでログインし直すことはできます。ただそれが「良いこと」なのか「わるいこと」なのかは自己責任となります。

それと気を付けなければいけないことがあります。それは今までiPhoneで使っていたアプリがiPadに最適化されていないかもしれません。

アプリがiPadに最適化されていないと

スポンサーリンク

あまり普段意識することはないかもしれませんが、アプリは以下の3種類に分けることができます。

  1. iPhoneとiPadの両方に最適化されている
  2. iPhoneにのみ最適化されているが、iPadでも使うことはできまる
  3. iPadのみに最適化されており、iPhoneでは使えない

もし今までiPhoneで使っててiPadでも使いたいアプリが「1番」の「iPhooneとiPadで最適化されえちるアプリなら、まったく問題ありません。

ところがアプリによっては、そのアプリが今でも頻繁にアップデートされているアプリでも、iPadに最適化されていないことがあります。するとどうなるのか?というとアプリを開いたときの見た目が非常に残念なことになります。

例えばSwarmというチェックインをするアプリの場合、iPhoneで見ると以下のように表示されます。

ところが、これを最適化されていないiPadで開いてみるとこのように表示されます。

大きな画面の真ん中にポツンとiPhoneで見たのとほぼ同じ画面が表示されます。さらに画面右下に「拡大表示」らしきアイコンがありますね。これをタップすると

画面が拡大されます。。。iPadで見るとこの表示は巨大です。

またアプリによってはiPhoneのGPSを使っている場合、GPSが搭載されていないiPadがWi-Fiモデルではうまく機能しないこともあります。注意しましょう。

Kindle Unlimitedなら無料で読める

「iPhone芸人 かじがや卓哉のスゴいiPhone 超絶便利なテクニック123」をKindle Unlimitedなら無料で読むことができます。(通常1,490円)

iPhone芸人 かじがや卓哉のスゴいiPhone 超絶便利なテクニック123
1,490円→Kindle Unlimitedなら無料!
★4.5 31件のレビュー
ソフトカバー版や通常のKindle版も有り
Amazonのページを見る

関連記事+広告