iPadを買ったら、iPhoneのアプリはそのまま使える?

今までずっとiPhoneを使っていて、iPadを新たに買う時「iPhoneで使っていたアプリをそのままiPadで使えるのか」といった疑問を持つ人がいます。

そこで今回はiPadを購入する前に知っておきたいiPhoneとiPadのアプリについて紹介します。

iPhoneで使っていたアプリはiPadでも基本的にダウンロードできる

スポンサーリンク

まず基本的なところで一番知りたいところから触れておきます。

新たに購入したiPadにiPhoneと同じApple IDでログインすれば、新たにアプリを購入しなくてもiPhoneと同じアプリを基本的にダウンロードすることができます。

ただし少しだけ理解しておきたいことがあります。

アプリは4種類に分けることができる

ただしアプリにはいくつかあって

  • iPhoneとiPadの両方に最適化されているアプリ
  • iPhoneに最適化されているが、iPadでも使えるアプリ
  • iPadのみに最適化されているアプリ。iPhoneでは使えない
  • iPhone版とiPad版で別々のアプリがある

それそれを見分けるときはApp Storeで

アプリのスクリーンショットの下に「iPad」と書かれていたら、iPadに最適化されているアプリだということがわかります。

逆にiPadと書かれていないアプリは基本的にiPhoneに最適化されていて、iPadでも使えなくはないアプリです。

もし「iPad」しか書かれていない場合は、iPhoneでは使うことができません。

iPhoneとiPadの両方に最適化されているアプリ

実は多くのアプリがiPhoneとiPad、両方に最適化されています。これらのアプリはiPhoneで有料版を購入した場合も、iPadで別途購入する必要なしで快適にアプリを使うことができます。

iPhoneに最適化されているがiPadでも使えるアプリ

まず初めは「iPhoneに最適化されたアプリ。でもiPadでも使える」というものです。

普段iPhoneだけを使っていると意識することはありませんが、iPhoneで使っているアプリの中にはiPadには最適化されていないアプリがあります。

例えば写真SNSアプリの「Instagram」やチェックインアプリの「Swarm」が揚げられます。

iPadに入れるとどうなるか

例えばSwarmというチェックインをするアプリの場合、iPhoneで見ると以下のように表示されます。

ところが、これを最適化されていないiPadで開いてみるとこのように表示されます。

大きな画面の真ん中にポツンとiPhoneで見たのとほぼ同じ画面が表示されます。さらに画面右下に「拡大表示」らしきアイコンがありますね。これをタップすると

画面が拡大されます。。。iPadで見るとこの表示は巨大です。

またアプリによってはiPhoneのGPSを使っている場合、GPSが搭載されていないiPadがWi-Fiモデルではうまく機能しないこともあります。注意しましょう。

iPhone版とiPad版が別のアプリ

中にはiPhone版とiPad版が別でリリースされているアプリもあります。

その場合、iPhoneで購入したアプリをiPadでそのまま使うことはできますが、最適化されていないため快適に使うことができません。

iPadで快適に使いたい場合は別途アプリを購入する必要があります。

例で言うとタスク管理アプリのThingsはiPhone版とiPad版が別で販売されています。

iPad版のみリリースされているアプリ

グラフィック系や手書きメモ系のアプリはiPadのみに対応していることがあります。これらのアプリはiPadで購入してもiPhoneで使うことはできません。

関連記事