iPhoneとApple Watchで「おやすみモード」が同期されるのをオフにする方法

スポンサーリンク

この記事ではiPhoneとApple Watchで「おやすみモード」が同期しないようにする方法を紹介します。

本来、iPhoneとApple Watchはお互い同期しているため、iPhoneを「おやすみモード」にするとApple Watchも自動的に「おやすみモード」になります。また逆のことも起こります。

ところが用途によってはどちらも「おやすみモード」にしたくないケースがあります。

iPhoneとApple Watchでお休みモードを同期させない方法

iPhoneとApple Watchでお休みモードを同期させない方法は以下の通りです。

  1. Watchアプリを開く
  2. 一般をタップ
  3. おやすみモードをタップ
  4. iPhoneを反映オフ

これでiPhoneをおやすみモードにしてもApple Watchはそのままに。そしてApple WatchをおやすみモードにしてもiPhoneはおやすみモードになりません。

毎月のデータ通信を安くしませんか?

毎月の通信費を払いすぎていませんか?格安SIMに切り替えるだけで毎月・毎年の通信費を大幅に抑えられます

  • 格安SIMなら安心・定評がある「IIJmio

iPhoneの購入なら

BIGLOBEならiPhone 12と音声通話SIMセットで実質20,000円も安くなります。iPhone SE第2世代なら26,000円台で購入できる!

最新機種なら公式ショップもオススメ

関連記事