iPhoneとApple Watchで「おやすみモード」が同期されるのをオフにする方法

本来、iPhoneとApple Watchはお互い同期しているため、iPhoneを「おやすみモード」にするとApple Watchも自動的に「おやすみモード」になります。また逆のことも起こります。

ところが用途によってはどちらも「おやすみモード」にしたくないケースがあります。

そこでこの記事ではiPhoneとApple Watchで「おやすみモード」が同期しないようにする方法を紹介します。


iPhoneとApple Watchでお休みモードを同期させない方法

スポンサーリンク

iPhoneとApple Watchでお休みモードを同期させない方法は以下の通りです。

  1. Watchアプリを開く
  2. 一般をタップ
  3. おやすみモードをタップ
  4. iPhoneを反映オフ

これでiPhoneをおやすみモードにしてもApple Watchはそのままに。そしてApple WatchをおやすみモードにしてもiPhoneはおやすみモードになりません。

関連記事

1 COMMENT

現在コメントは受け付けておりません。