【iPhone・iPad】コントロールセンターが出てこないときの対処方法

今回は、あるとき突然コントロールセンターが出てこなくなったときの対処方法を紹介します。

実は思わぬものが原因でコントロールセンターが表示されなくなっていることもあるんです。

追記:
もしiPadをiOS 12にしたタイミングでコントロールセンターがでなくなった場合は、下記の記事をご覧ください。

iPhoneでコントロールセンターを出す方法

スポンサーリンク

まずはじめに「コントロールセンター」の出し方の基本を簡単に紹介しますので、コントロールセンターの出し方を確認しておきましょう。

iPhone 11やiPhone XSなどホームボタンがないiPhone

まずiPhoneでコントロールセンターを出す方法出し方は、iPhone XSやiPhone 11などホームボタンがないiPhoneは画面の右上を下にスワイプします。

iPhone 8やiPhone 7などホームボタンがあるiPhone

そしてiPhone 8やiPhone 7などホームボタンがあるiPhoneの場合は、ホームボタンの上あたりから上に向かってスワイプします。

iPadでコントロールセンターを出す場合

スポンサーリンク

iPadでコントロールセンターを出すときも基本的に行うことはiPhoneと同じです。

iPadのコントロールセンターの出し方は、まず画面の右上を下にスワイプしてみてください。

もしそれでコントロールセンターが出ない場合は、ホームボタンの上辺りから上に向かってスワイプしてみてください。コントロールセンターが出てくるはずです。

コントロールセンターでは、Wi-FiやBluetooth、機内モードのオンオフ。カメラやアラーム、懐中電灯のオンオフもここで行うことができます。

コントロールセンターが表示されないときの対処方法

もし上で紹介した正しいコントロールセンターの出し方を試してみても、コントロールセンターが表示されないときは以下の対処方法をお試し下さい。

ケースやフィルムを疑う

もしコントロールセンターが表示されなくなった直前にiPhoneやiPadにケースやフィルムを付けたばかりだったら、そのケースやフィルムがiPhoneやiPadのディスプレイに干渉しているかもしれません。

ごくまれに起こるケースではありますが、ケースまたはフィルムを外してコントロールセンターが表示されないかどうか試してみてください。

ただしフィルムは一度剥がしたら、同じものは貼り直せませんのでご注意ください。

コントロールセンターの設定を見直す

コントロールセンターの設定が何かの拍子に変わってしまったかもしれせん。念のためチェックしておきましょう。

やり方は以下の通りです。

  1. 設定を開く
  2. コントロールセンタータップ
  3. App使用中のアクセスオンにします。

ちなみに、iOS 11以前の場合はロック画面でのアクセスという設定項目もあります。iOS 11以前を使っている方はそちらもオンにしましょう。

再起動してみる

iPhone、iPadを再起動することでコントロールセンターが再び出てくるようになることがあります。再起動といっても端末を終了し、電源を入れ直すだけです。

再起動のやり方は機種やiOSのバージョンによって若干ことなります。

iPhone 11などホームボタンがないiPhoneを再起動する方法

電源を切るにはサイドボタン音量ボタンの上を同時に長押しスライドで電源オフが表示されたら、右にスワイプします。

電源が落ちたら、サイドボタン(旧電源ボタン)を長押しして再び起動させます。

ホームボタンがあるiPhoneを再起動する方法

電源ボタン長押しすると、スライドで電源オフと表示されるので、右にスワイプ。電源が落ちた後、再び電源ボタン長押しすると起動します。

ちなみに電源ボタンは端末によって違います。

  • iPhone 5sまでの機種 … 画面の上側面、右側
  • iPhone 6からiPhone 8 … 画面の右側面、上の方(上の図を参考)

ソフトウェア・アップデートをしてみる

iPhoneやiPadのOS、iOSのバグでコントロールセンターがうまく表示されていない可能性もゼロではありません。

アップデートが出ている場合はアップデートをしてみましょう。

やり方は設定一般ソフトウェアアップデートの順番でタップするだけです。

ファイルのダウンロードとインストールで時間がかかりますので、急いでいるときは行わないようにしましょう。

関連記事