【iPhone・iPad】Safariの「お気に入り」と「ブックマーク」の違い

この記事ではSafariのお気に入りブックマークという似たような2つの機能がどう違うのか紹介します。

違いを紹介する前に、僕の使い分けというか、使い方を紹介しておくと「ブックマークを使わずにお気に入りだけを使っています。

どうして「お気に入りだけを使っているのか」も合わせて説明していきます。

やっていることはどちらも同じ

スポンサーリンク

2つの機能をザックリ説明すると、Safariのお気に入りブックマークでできることは基本的に同じです。

よく見に行くページや、気になったページを登録して、次回以降はGoogleなど検索エンジンで検索しないでもアクセスできるようにするというものです。

「基本的に同じ」となると余計、ブックマークお気に入りの違いがわかりにくいかもしれません。

ブックマークとお気に入りの違い

スポンサーリンク

では、ブックマークお気に入りは何が違うのでしょう?

間違ったブックマークとお気に入りのイメージ

よくブックマークお気に入りの2つの機能を下記の図のように間違ってイメージしている人がいます。僕自身も最初勘違いしていました。

Safariのブックマークとお気に入りの違いは何?図解その1

ブックマークお気に入りが2つの機能だと思うと、「何が違うんだろう?使い分けはどうしたら良いんだろう?」と悩んでしまいます。

正しいブックマークとお気に入りのイメージ

ところが実際のブックマークお気に入りは「2つの機能」ではありません。

お気に入りというのはブックマークの中にあるお気に入りという名前の「特別扱いされたフォルダ」なんです。

Safariのブックマークとお気に入りの違いは何?図解その2

では、「お気に入り」が他のフォルダと違って、どんなところが特別扱いなのか?というと一言で言えば「アクセスのしやすさ」です。

というのも、「お気に入り」は検索バーをタップしたり、新しいタブを開くと「お気に入り」が表示されるので、頻繁にアクセスするページにすぐアクセスできます。

ブックマークとお気に入りの使い分け

ということで、お気に入りブックマークのなかにある他のフォルダより特別扱いされているフォルダだということがわかったところで、僕がどう使っているか紹介します。

僕自身の使い分けは基本的にお気に入りはさまざまな方法からアクセスでき便利なので、基本的に「お気に入り」に登録しています。

上手に2つを使い分けれたら一番いいのかもしれませんが、正直なところ「あれ?どっちに保存したんだっけ」となってしまうので、混乱を避けるために「ブックマーク」は使いません。

関連記事