【iPhone/iPad】Safariの「お気に入り」と「ブックマーク」の違い

【iPhone/iPad】Safariの「お気に入り」と「ブックマーク」の違い

iMessage、SMS、MMSの違いは何?また見分け方は?
iPhone/iPadのSafariが重くなった時にやっておきたいこと
iPhone/iPadの「Appを取り除く」と「Appを削除」の違いは何?

スポンサーリンク

iPhoneやiPadのSafariにはお気に入りブックマークという似たような2つの機能があります。

この2つの一見似たような機能はいったい何が違うのでしょうか。

やっていることはどちらも同じ

2つの機能をザックリ説明すると、Safariのお気に入りブックマークは、基本的に同じです。

よく見に行くページや、気になったページを登録して、次回以降はGoogleなど検索エンジンで検索しないでもアクセスできるようにするというものです。

「基本的に同じ」となると余計、ブックマークお気に入りの違いがわかりにくいかもしれませんね。

スポンサーリンク

ブックマークとお気に入りの違い

では、ブックマーク」とお気に入りは何が違うのでしょう?

間違ったブックマークとお気に入りのイメージ

よくブックマークお気に入りの2つの機能を下記の図のように間違ってイメージしている人がいます。僕自身もそう思っていました。

ブックマークお気に入りが2つの機能だと思うと、「何が違うんだろう?使い分けはどうしたら良いんだろう?」と悩んでしまいます。

正しいブックマークとお気に入りのイメージ

ところが実際のブックマークお気に入りは「2つの機能」ではありません。

お気に入りというのはブックマークの中にあるお気に入りという名前の「特別扱いされたフォルダ」なんです。

スポンサーリンク

では、どんなところが特別扱いなのか?というと

  • 登録する時、ブックマークに追加とは別でお気に入りに追加がある。
    ▶ 他のフォルダよりも保存が楽です。
  • 検索アドレスバーをタップすると、すぐ下にお気に入りが表示される。
    ▶ 他のブックマークのフォルダより、アクセスしやすいです。
  • 新規タブを追加するとき、を押すとお気に入りが一覧で表示される
    ▶ アクセスしやすい

ブックマークとお気に入りの使い分け

ということで、お気に入りブックマークのなかにある他のフォルダより特別扱いされているフォルダだということがわかったところで、どう使い分けるかを見ていきましょう。

僕自身の使い分けは基本的に、お気に入りはさまざまな方法からアクセスでき便利なので、普段からよくアクセスするページを登録。

ブックマークは「とりあえず」で登録したり、頻繁にはアクセスしないページを登録しておくようにしています。

他の人は「すべてお気に入りに入れる」という人もいました。
それでも良いのかもしれません。

スポンサーリンク

COMMENTS