Apple IDで登録する名前は偽名・ニックネームでも大丈夫?

スポンサーリンク

iPhoneやiPad、Macなどを便利に使いこなす上で必須のApple IDなのですが、アカウントを作るときに登録する名前は本名でなければいけないのでしょうか。

この記事ではApple IDを偽名・ニックネームで使っても大丈夫なのかどうか紹介していきます。

Apple IDで使う名前は偽名でも大丈夫?

先に「Apple IDで使う名前は偽名でも大丈夫かどうか」という疑問の答えを書いておくと、偽名でも大丈夫です。

例えば「山下 次郎」という人が「Tony Stark」と登録することができます。

そもそも名前をチェックするシステムがない

「そもそも」な話なのですが、Apple IDに名前を登録するとき、その名前が本名なのか、それとも偽名なのかを確認するシステムがありません。

スポンサーリンク

そのため好きな名前を付けて大丈夫なわけです。

クレジットカードや送付先の名前は要注意

偽名・ニックネームを使う上で気を付けたいこともあります。

それは支払いのために使うクレジットカードは、クレジットカードに記載されている名前を入力する必要があります。

また送付先の名前は必ず本名である必要はありませんが、必ず登録した名前で届くようにしておきましょう。

そうしないとAppleのオンラインサイトで商品を購入したとき、名前が違うという理由で荷物が届かないかもしれません。

Apple IDで偽名・ニックネームを使うメリットとでメリット

本名を使わないメリット

偽名を使うメリットの1つはセキュリティーです。

スポンサーリンク

万が一Apple IDの名前が他人に知れたとき、あなたの本名はバレません。

特にさまざまな理由で本名を明かずに活動している人が偽名を登録できるのは大きなメリットなのではないでしょうか。

他にも仕事上などで、複数のApple IDを使っている場合はApple IDの名前を分けることで利便性が上がることもあります。

本名を使わないデメリット

Apple IDの名前はiPhone・iPadなどの設定画面に出てくるだけでなく、iCloudや写真アプリ、メモ、FaceTimeなどの利用者の名前にとしても表示されます。

そのため家族や友だちと何かをシェアしたいとき、その人たちに表示される名前はApple IDで使っている名前です。

もし家族や友だちに偽名を知られたくないときは本名や、イニシャルだけを登録しておくといいかもしれません。

また偽名を使うことで何か問題があったとき、偽名であることが足かせになる可能性もゼロではありません。

Apple IDは本名を使う方が良い?それとも偽名が良い?

スポンサーリンク

最後にApple IDで本名を使う方が良いのか、それとも偽名を使った方が良いのか?について触れておきます。

僕の考えたとしては、普段本名で活動している人は本名で良いのでは?と思っています。

というのもiCloudなど同じApple製品のユーザーとやり取りをするとき、Apple IDの名前が表に出ることがあるので、変な偽名を使っていると、その都度「何この名前?」と言われるからです。

ただ不特定多数の人に見られる可能性、「セキュリティー」を考えるのであれば、「山下 次郎」なら「Yamashita J」とか「Y J」とイニシャルにしてもいいかもしれません。

逆に普段、本名以外の名前を使って活動している人は本名がバレることで問題が生じることもあるので、そういう人は普段使っている名前を使ったほうが良いです。