VR・AR・MR・XRの違いは何?

スポンサーリンク

この記事ではVR(仮想現実)やAR(拡張現実)、さらにMRやXRとはいったいどんなものなのか。またどんな違いがあるのか紹介します。

VR・ARの違いをザックリと

それぞれを細かく説明する前に「ザックリと」ではありますが、VRとARの違いを紹介します。

VRはゴーグル・ヘッドセットを付けてあなたが別世界(仮想の世界)にいるような体験ができます。
基本的にあなたが見る映像は100%仮想空間です。

一方、ARはゴーグル・ヘッドセットを付けたり、スマホのカメラで写しだした世界を見ますが、その世界は現実の世界です。ただし違うのは現実世界にはない映像が重ねられて、あたかもその世界に存在するかのようが見えます。

「何を通してみるか」など細かい定義の違いはありますが、ザックリとVRとARの違いをまとめるとこんな感じです。

スポンサーリンク

VRAR
見ている世界100%仮想現実+仮想

この違いを踏まえて、VR・AR・MR・XRの違いを見ていきましょう。

VR(仮想現実)とは何か

まず初めに「VR」とは何か?から紹介します。

VRとはVirtual Realityの略です。Virtual(バーチャル)が「仮想の」そしてReality(リアリティー)が「現実」という意味なので併せて「仮想現実」になるわけですね。

Oculus Quest 2 | Amazon.co.jp

では具体的にどのようなものが「VR」なのか?というと「コンピューターで作られた世界の中をOculusなどVRゴーグルを付けることで、あたかも自分がその世界にいるように体験できること」を言います。

もう少し具体的に書くと、例えば先日「バイオハザード」というゲームのVR版が発表されました。

これまでのバイオハザードの場合、プレーヤーはあくまでも自室にいて、テレビ画面に映るゲームを遊んでいます。

ところがVR版「バイオハザード」はOculus Quest 2というVRゴーグルを付けるため、自室は一切見えず目にするのは360度ゲームの世界。しかも自分の姿もまるでゲームの主人公に見えるため、普通のゲームよりも圧倒的な没入感を味わえます。

スポンサーリンク

AR(拡張現実)とは何か

では「AR」とは何でしょう。

ARというのはAugmented Realityの略です。日本語では「拡張現実」なんて言われ方をします。

VRのVirtual Reality(バーチャル リアリティー)は耳馴染みあるかもしれませんが、Augmented Reality(オウグメンテッド リアリティー)はあまり耳馴染み無い方が多いかもしれません。

「Augmented」は辞書で調べると「増加、増大、増強させる」「補う」といった意味があります。

つまり現実(Reality)を補う(Augmented)技術がAR(拡張現実)ということになります。

ARでわかりやすいのは「ポケモンGO」です。
スマホのカメラを現実社会にかざすと、あたかもそこにポケモンがいるように見えます。つまり現実にはいないポケモンを見せる、つまり現実を拡張しています。

他にも最近Amazonで家具などを見ていると「部屋に表示(ARビュー)」と書かれた商品を見かけます。ソファーをARビューで見ると自分の部屋に実際のソファーを置いたようになります。

スポンサーリンク

これも自分の部屋という現実をカメラを通すことで拡張しています。

さらに以前GoogleがGoogle GlassというARグラスを出したことがあります。
これはメガネを通して現実社会を見つつ、ナビを現実に重ねて表示したり、メッセージが見えたりするものです。

MR(複合現実)とは何?

多くの人が「VR」または「バーチャル リアリティー」は聞いたことがあり、「AR 拡張現実」はガジェットや最新の技術に興味がある人なら耳にしたことがあると思いますが、MR(複合現実)はあまり耳にしたことがないかもしれません。

MRというのはMixed Reality(ミックスド リアリティー)の略です。「mixed 混ざった」という言葉の通り、現実と仮想の世界を融合させた世界を指します。

イメージ的にはAR(拡張現実)の進化版・発展版と捉えるのがわかりやすいかもしれません。

XRとは何?

XRはARやVR、MRのような「なんとかリアリティー」の総称です。読み方は「クロスリアリティー」です。

スポンサーリンク

英語では「なんとか」の部分を「X」で表すことがあるため「XR」と表記されます。つまりXRとはARやVRなどの総称ということです。

2021年10月27日に「XR総合展」というイベントが幕張メッセで開催されていましたが、このイベントはVRやARなどに絞らず、「なんとかリアリティー」の総合イベントだったわけですね。

他にもある、何とかR

今回はVR、AR、MR、XRの4つの違いを紹介しましたが、それ以外にもSR(代替現実)やIR(没入型現実)といったものがあります。

SRもIRも呼び方こそ違うものの、基本的にAR(仮想現実)の発展版・派生版のため、基本的にヘッドセットを通して現実の社会に現実にはないものを映像として溶け込ませる技術のことをいいます。

関連記事