懐かしすぎ!ブラウザでSystem 7とMac OS 8を動かす方法

スポンサーリンク

先日、海外の大手メディアAppleInsiderがブラウザでSystem 7.5.3とMac OS 8.1を動かす方法を紹介していました。

タイトルで「懐かしい」と書いてる時点で年齢がバレてしまう話なのですが、ちょっとテンションが上がったので記事として紹介することにしました。

ブラウザで楽しめる懐かしのSystem 7とMac OS 8

今回紹介するブラウザ上で遊ぶことができるSystem 7.5.3とMac OS 8.1はアメリカのエンジニアMihai Parparitaによってリリースされました。

4月1日のツイートだったこともあって、エイプリルフールのネタなのかな?と思ったりしたのですが、本当に忠実に再現されていました。

System 7.5.3を起動してみる

スポンサーリンク

https://system7.app/ にアクセスしてSystem 7.5.3にアクセスしてみました。System 7.5.3ではピンとこない人も漢字Talk 7.5.3というとわかる人がいるかもしれません。

System 7.5.3は1995年にリリースされたOS。つまり今から約30年前のOSなので、「漢字Talk 7.5.3懐かしい!」という人は40代以降なのは間違いありません。

ちなみに余談ですが、次のOSからMac OSという名前に変わっているのでSystemや漢字Talkという呼ばれたのは7.5.3が最後です。

まずは起動画面から。当時のMacより起動は100倍速いです。

昔のMacは起動中画面の下に機能拡張が起動しながらアイコンが並んでいくアイコンパレードと呼ばれるものがあったのですが、このパレードが爆速でした。


起動した画面はこんな感じ。もちろん日本語は使えません。

できることはアイコンを動かしたり、ウィンドウ操作をしたり、意外といろいろなことができます。

例えばPhotoshop 3.0を起動してみることもできます。僕が操作した感じは起動するだけで画像を編集したり絵を描いたりすることはできませんでした。

他にも収録されているNetscape Navigatorを起動したり(ネットはできず)、Prince and Persiaなど懐かしのゲームを遊ぶことができました。

スポンサーリンク

当時を知る人なら懐かしさで涙ものです。

Mac OS 8も使ってみましたが、基本的にSystem 7.5.3と同じでした。

このSystem 7とMac OS 8のシミュレーターは本当によくできているので、この当時のMacに触れたことがある人なら涙ものです。

当時を知っている人はぜひ!当時を知らない人も「Macって昔はこんなだったんだ」と進化の歴史を肌で感じることができるかもしれません。

ぜひお試しを。