暗い部屋でも眩しくない!iPhone・iPadの画面を更に暗くする2つの方法

スポンサー・リンク

布団に入ってから、眠くなるまでiPhoneやiPadをする人けっこう多いのではないでしょうか。

電気を消して真っ暗な中でiPhoneやiPadの画面を見るとけっこう明るいですよね。コントロールセンターで画面を暗くしても、まだ眩しいです。

そこでこの記事では真っ暗な部屋でもiPhone・iPadの画面が眩しくないくらい画面を暗くする方法を紹介します。

画面の明るさを変える方法

まず始めに標準的な画面の明るさを変える方法を紹介します。
明るさを変える方法は主に2つあります。

設定から画面の明るさを変える

まず1つ目の画面の明るさを変える方法は設定から行います。

iPhone・iPadで画面の明るさを変える方法 その1

  1. 設定を開く
  2. 画面表示と明るさをタップ
  3. 明るさにある白丸を左右にスライドさせて明るさを調整する

コントロールセンターで画面の明るさを変える

続いての方法はコントロールセンターで画面の明るさを変えます。

iPhone・iPadで画面の明るさを変える方法 その2

  1. コントロールセンターを出す
  2. 太陽のようなマークを上下にスライドさせる

たったこれだけで画面の明るさが変わります。また太陽のようなマークを長押しすると、明るさを調整するバーが大きく表示されるので微調整しやすくなります。

暗闇でも眩しくないくらい画面を暗くする方法

さてここからが本題です。
iPhone・iPadで暗いところでも画面が眩しくないくらい画面を暗くする方法を紹介していきます。

主にやり方は2つあります。1つ目が「ズーム」機能を使う方法で、もう1つが「ホワイトポイントを下げる」方法です。

ホワイトポイントを下げて画面を暗くする方法

1つ目の方法はホワイトポイントを下げて画面を暗くします。

やり方は以下の通りです。

  1. 設定を開く
  2. 一般をタップ
  3. アクセシビリティをタップ
  4. 画面の上の方にあるディスプレイ調整をタップ
  5. 一番下のホワイトポイントを下げるオン
  6. 明るさの度合いを好みの数値に。100%が一番暗くなります。

これで画面が暗くなりました。

このあと「ズーム機能」を使った画面を暗くする方法のあと、「1アクションで簡単に画面を暗くしたり、元に戻す方法」を紹介します。

ズーム機能を使って画面を暗くする方法

2つ目の画面を更に暗くする方法は少し面倒くさいやり方です。

このやり方では「ズーム機能」を使います。

「ズーム」機能で画面が暗くなると言うのは、どこか不思議な感じがするかもしれませんが、ズーム機能のなかに「ズームフィルタ」という機能があり、その中で画面の輝度を下げることができます。

やり方は以下の通りです。

  1. 設定を開く
  2. 一般をタップ
  3. アクセシビリティをタップ
  4. ズーム機能をタップ
  5. 下にスクロールしズームフィルタをタップ
  6. 低輝度をタップ
  7. 画面左上のズーム機能をタップして前の画面に戻る
  8. 画面一番上のズーム機能オンにする

これで画面が暗くなるのと同時に、画面が拡大した方も多いと思います。でも慌てないでください。ズーム機能をオンにしたので画面がズームしました。

ここで更に次の操作を行います。

  1. 画面を3本指でトリプルタップ(素早く3回タップ)する
  2. メニューが出るので一番上の縮小をタップするか、メニューの一番下にあるスライドメニューを一番左にする

これでズームは解除され、画面だけが暗くなります。

画面の明るさを1アクションで切り替える方法

上で紹介した設定を毎回行って明るさの調整をするのはものすごく面倒です。

そこでちょっとした設定をしましょう。それだけで画面の明るさを1アクションで変えることができるようになります。

  1. 設定を開く
  2. 一般をタップ
  3. アクセシビリティをタップ
  4. 一番下にスクロールしてショートカットをタップ
  5. ズーム機能、またはホワイトポイントを下げるをタップ

ショートカットをオンにすると、サイドボタントリプルクリック(素早く3回クリック)したとき、ズーム機能やホワイトポイント機能のオンオフを切り替えることができるので非常に便利です。

スポンサーリンク

Kindle Unlimitedなら無料で読める

「iPhone芸人 かじがや卓哉のスゴいiPhone 超絶便利なテクニック123」をKindle Unlimitedなら無料で読むことができます。(通常1,490円)

iPhone芸人 かじがや卓哉のスゴいiPhone 超絶便利なテクニック123
1,490円→Kindle Unlimitedなら無料!
★4.5 31件のレビュー
ソフトカバー版や通常のKindle版も有り
Amazonのページを見る

関連記事+広告