暗い部屋でも眩しくない!iPhone・iPadの画面を更に暗くする2つの方法

スポンサーリンク

夜寝る時、布団に入ってから眠くなるまでiPhoneやiPadでゲームや読書をしたり、ネットをする人けっこう多いのではないでしょうか。(それ自体の賛否はありますけど)

電気を消して真っ暗な中でiPhoneやiPadの画面を見るとけっこう明るいですよね。コントロールセンターで画面を一番暗くしても、まだ眩しかったりします。

そこでこの記事では真っ暗な部屋でもiPhone・iPadの画面が眩しくないくらい画面を暗くする方法を紹介します。

普通に画面の明るさを変える方法

まず始めに標準的な画面の明るさを変える方法を紹介します。
明るさを変える方法は主に2つあります。

2つの方法を紹介したあとで、簡単に画面の明るさを変える方法も紹介していますので、そのやり方も合わせてチェックしてみてください。

設定から画面の明るさを変える

スポンサーリンク

まず1つ目の画面の明るさを変える方法は設定から行います。

iPhone・iPadで画面の明るさを変える方法 その1
  1. 設定を開く
  2. 画面表示と明るさをタップ
  3. 明るさにある白丸を左右にスライドさせて明るさを調整する

コントロールセンターで画面の明るさを変える

続いての方法はコントロールセンターで画面の明るさを変えます。こちらが一般的な調整方法ではないでしょうか。

  1. コントロールセンターを出す
  2. 太陽のようなマークを上下にスライドさせる

太陽のようなマークを長押しすると、明るさを調整するバーが大きく表示されるので微調整しやすくなります。

暗闇でも眩しくないくらい画面を暗くする方法

さてここからが本題です。
iPhone・iPadの画面を暗いところでも眩しくないくらい画面を暗くする方法を紹介していきます。

主にやり方は2つあります。1つ目が「ズーム」機能を使う方法で、もう1つが「ホワイトポイントを下げる」方法です。

スポンサーリンク

ホワイトポイントを下げて画面を暗くする方法

1つ目の方法はホワイトポイントを下げて画面を暗くします。

やり方は以下の通りです。ちなみに毎回これから紹介する方法を設定するのは面倒だと思います。そんな人のためのやり方もこの後紹介していますので、そちらも併せて試してみてください。

  1. 設定を開く
  2. 少し下にスクロールしてアクセシビリティをタップ
  3. 画面表示とテキストサイズをタップ
  4. 下にスクロールし、ホワイトポイントを下げるオン
  5. すぐ下に表示されるスライダーで明るさを調整

もし「設定」の後で「アクセシビリティ」が出てこない場合は下記の操作を行なってみてください。

  1. 設定を開く
  2. 一般をタップ
  3. アクセシビリティをタップ
  4. 画面の上の方にあるディスプレイ調整をタップ
  5. 一番下のホワイトポイントを下げるオン
  6. 明るさの度合いを好みの数値に。100%が一番暗くなります。

これで画面が暗くなります。

ズーム機能を使って画面を暗くする方法

2つ目の画面を更に暗くする方法は「ズーム機能」を使います。

スポンサーリンク

実はズーム機能は画面を暗くする以外にも機能がたくさんあるため、「ズーム機能」に馴染みがないと少しわかりにくいかもしれません。

また画面の明るさの段階を選べないので、個人的には上で紹介したホワイトポイントを下げるを使うことをオススメします。

とはいえ、一応やり方を紹介しておきます。

  1. 設定を開く
  2. 下にスクロールしてアクセシビリティをタップ
  3. ズームをタップ
  4. ズーム機能オン

もしここで画面が拡大してしまったり、四角い虫眼鏡のようなウィンドウが出てきた場合は、3本指でダブルタップすると通常の画面表示に戻すことができます。

ズーム機能をオンにしたあとは続いて

  1. ズームフィルタをタップ
  2. 低照度をタップ

以上で画面をいつもより暗くすることができました。

「設定」の下に「アクセシビリティ」が出てこない場合は、下記の方法を試してみてください。

スポンサーリンク

  1. 設定を開く
  2. 一般をタップ
  3. アクセシビリティをタップ
  4. ズーム機能をタップ
  5. 画面一番上のズーム機能オンにする

もしここで画面が拡大してしまったり、四角い虫眼鏡のようなウィンドウが出てきた場合は、3本指でダブルタップすると通常の画面表示に戻すことができます。

  1. 下にスクロールしズームフィルタをタップ
  2. 低輝度をタップ

画面の明るさを1アクションで切り替える方法

もし頻繁にディスプレイを暗くする機会がある場合、その度に「設定」→「アクセシビリティ」と辿っていくのは大変です。

そんなときは「ショートカット」を使うか「アクセシビリティのショートカット」を使うと、毎回「設定」→「アクセシビリティ」と辿っていく必要がありません。

ショートカットを使ってオン・オフする

「ショートカット」というアプリを知っていますか?
ここではアプリの説明は割愛しますが、一言で説明するならApple純正のアプリでさまざまな操作を自動で行なってくれます。

ホワイトポイントのオンオフができるショートカットを作るのは簡単なのですが、ショートカットの設定をダウンロードできるので興味がある方はダウンロードしてみてください。

スポンサーリンク

また「ショートカット」はiPhoneなら本体の背面をタップして操作する「背面タップ」に割り当てることもできます。頻繁に画面を暗くする機会がある方はショートカットを設定して、背面タップに割り当てると便利です。

アクセシビリティーのショートカットを使う

少し言葉がややこしいのですが、アクセシビリティの機能の中にも「ショートカット」という機能があります。

アクセシビリティーのショートカットにアクションを設定をすると、サイドボタンをトリプルクリック、またはホームボタンをトリプルクリックするだけで画面が暗くなります。

設定方法は以下の通りです。

  1. 設定を開く
  2. アクセシビリティをタップ
  3. 一番下にスクロールし、ショートカットをタップ
  4. ズーム機能ホワイトポイントを下げるのいずれか、もしくは両方をタップ

もし「設定」の後「アクセシビリティ」が出てこない場合は、下記の操作を試してみてください。

  1. 設定を開く
  2. 一般をタップ
  3. アクセシビリティをタップ
  4. 一番下にスクロールしてショートカットをタップ
  5. ズーム機能ホワイトポイントを下げるのいずれか、もしくは両方をタップ

スポンサーリンク