iPhone・iPadの問題解決

iPhone・iPadの画面が暗くなってしまったときの対処方法

スポンサーリンク

この記事では「iPhone・iPadの画面が突然暗くなって画面が見にくい」という方のために、解決方法を幾つか紹介していきます。

ひとつひとつ当てはまるかチェックしてみてください。

「画面が暗くなる」といっても原因はいろいろ

iPhone・iPadの画面が暗くなる原因はいくつかあります。

多くの場合、設定を変えることで解決することができますので、これからいくつか解決方法を紹介しますので、1つずつ当てはまるか試してみてください。

画面が暗くなってロックされてしまう

画面が暗くなり、そのままロックされてしまうのは、操作がない状態でiPhoneやiPadが一定時間放置されたときに、自動的に画面がロックする機能が原因の可能性が高いです。

自動ロックまでの時間を変更する方法 iphone ipad
  1. 設定を開く
  2. 画面表示と明るさをタップ
  3. 自動ロックをタップ
  4. 自動的にロックするまでの時間を選ぶ

これでロックされるまでの時間を長めに設定することができます。

僕はセキュリティーの観点と利便性を考慮して2分で設定しますが、メモしたレシピを見ながら料理をするときは、一時的になしを選択することもあります。

「画面の明るさ」関連の設定を見直してみる

iPhoneやiPadは画面の明るさを自動で調節することもできますが、手動で好みの明るさに変えることができます。

スポンサーリンク

当たり前と言えば当たり前ですが、この画面の明るさの設定が暗くなっていると画面は暗くなってしまいます。

コントロールセンターから画面の明るさを見直す方法

まずはコントロールセンターから画面の明るさを見直す方法です。

コントロールセンターから画面の明るさを変える方法 その1

コントロールセンターを開いて、太陽のマークがあるのが画面の明るさの調整です。上下にスライドさせることで明るさを変えることができます。

またスライダーを3Dタッチ(グッと押し込む)すると、拡大表示され明るさの調整をしやすくなります。

「明るさの自動調整」を見直してみる

次に試してみたいのは明るさの自動調整です。

明るさの自動調整というのは、環境光センサーを使って、周りの明るさに合わせて最適な輝度(明るさ)に調整してくれる機能のことです。暗い部屋では輝度を下げて、明るい屋外などでは輝度を上げます。

明るさの自動調整は以下の操作で確認することができます。

明るさの自動調整の設定を確認する方法 その1
  1. 設定を開く
  2. 一般をタップ
  3. アクセシビリティをタップ
    明るさの自動調整の設定を確認する方法 その2
  4. ディスプレイ調整をタップ
  5. 明るさの自動調整の設定を確認する

明るさの自動調整は初期設定では場合、オンになっています。

明るさの自動調整オンにしていると電池の消耗が激しい」という意見もありますが、個人的にはオンにしてもオフにしても電池の減りはあまり変わらないと思っています。

ただし「画面が明るいほうが暗いときより電池の消耗が激しい」ので、意図的にずっと暗い状態にしている人はいるようです。その場合は電池の保ちが良いかもしれません。(その代わり画面が暗くて見にくいです)

スポンサーリンク

また稀に明るさの自動調整オンでも画面の明るさが変わらなかったり、オフにした記憶がないのに勝手にオフになっていることがあるので、スイッチのオンオフをしてみることをお勧めします。

またオンの状態でも試しにオフの状態にして使ってみて、そちらのほうが都合が良いようであれば、オフのまま使い続けても良いと思います。

「ホワイトポイントを下げる」という設定を確認する

あまり聞き慣れない設定かもしれませんが、iPhoneやiPadの設定のなかにホワイトポイントを下げるという設定があります。

ホワイトポイントを下げるという設定を確認する方法は以下の通りです。

ホワイトポイントを下げるをオフにする方法
  1. 設定を開く
  2. 一般をタップ
  3. アクセシビリティをタップ
    「ホワイトポイントを下げる」の設定を確認する方法
  4. ディスプレイ調整をタップ
  5. ホワイトポイントを下げるオンならオフ
暗い部屋でも眩しくない!iPhone・iPadの画面を更に暗くする2つの方法布団に入ってから、眠くなるまでiPhoneやiPadをする人けっこう多いのではないでしょうか。 電気を消して真っ暗な中でiPhon...

ズーム機能を見直す

画面が突然暗くなってしまう原因の1つにズーム機能が上げられます。

上で紹介したホワイトポイントを下げるという機能同様、あまり見慣れない・耳慣れない機能かもしれません。

そのズーム機能のなかに意図せずオンになっていると画面が暗くなってしまう設定があります。その設定は以下の手順で確認することができます。

  1. 設定を開く
  2. 少し下にスクロールして一般をタップ
  3. アクセシビリティをタップ
  4. ズーム機能をタップ
  5. ズームフィルタをタップ
  6. 低照度が選択されていたら、なしをタップ

もしズームフィルタの低照度が原因で画面が暗くなってしまっていた場合は、これで画面が明るくなるはずです。

iPhone・iPadを再起動してみる

「画面の明るさ」に限った話ではないのですが、iPhoneやiPadは再起動することで様々な問題が解決することがあります。

上記の明るさの調整を手動で変えたり、明るさの自動調整をやっても明るさが変わらない、または思ったように明るさが変わらない場合は端末の再起動をしてみましょう。

スポンサーリンク

それでも直らない場合は

明るさの自動調整のところでも触れましたが、iPhoneやiPadの画面上部には環境光(周りの明るさ)を感知するセンサーが付いています。

このセンサーが覆われていたり、壊れていると画面は暗くなることがあります。故障の場合は逆に明るくなったり、自動で明るさが変わらなくなることも。

そのためもし「スクリーンプロテクタを付けたら画面が暗くなった」などセンサーを塞いでしまった可能性がある場合は、その原因を取り除いてみましょう。

また特に何も塞いでいない場合は故障の可能性もあります。その場合はAppleのサポートに一度相談してみるか、正規サービスプロバイダに相談してみることをお勧めします。

Kindle Unlimitedなら無料で読める

「iPhone芸人 かじがや卓哉のスゴいiPhone 超絶便利なテクニック123」をKindle Unlimitedなら無料で読むことができます。(通常1,490円)

iPhone芸人 かじがや卓哉のスゴいiPhone 超絶便利なテクニック123
1,490円→Kindle Unlimitedなら無料!
31件のレビュー
ソフトカバー版や通常のKindle版も有り
Amazonのページを見る

関連記事+広告

ABOUT ME
masa osada
masa osada
ニュージーランド在住。Mac歴はMac OS 7.6から。iPhone歴は3Gから使ってます。