iPhone・iPadの画面が暗くなってしまったときの対処方法(iOS 13・iPadOS 13対応)

この記事では「iPhone・iPadの画面が突然暗くなってしまって、画面が見にくい」ときの解決方法を幾つか紹介します。

ひとつひとつ当てはまるかチェックしてみてください。

「画面が暗くなる」といっても原因はいろいろ

スポンサーリンク

iPhone・iPadの画面が暗くなる原因はいくつかあります。

多くの場合、設定を変える・戻すことで以前のように画面を明るくすることができます。

画面が暗くなってロックされてしまう

操作しない状態にすると、iPhone・iPad画面が少しずつ暗くなって、そのままロックされてしまうのは、操作がない状態が一定時間続くと自動的に画面がロックする機能の設定を見直すことで解決します。

自動ロックまでの時間を変更する方法 iphone ipad

  1. 設定を開く
  2. 画面表示と明るさをタップ
  3. 自動ロックをタップ
  4. 自動的にロックするまでの時間を選ぶ

これでロックされるまでの時間を長めに設定することができます。

僕はセキュリティーの観点と利便性を考慮して「2分」で設定しますが、メモしたレシピを見ながら料理をするときは、一時的に「なし」を選択することもあります。

「画面の明るさ」関連の設定を見直してみる

iPhoneやiPadは画面の明るさを自動で調節することもできますが、手動で好みの明るさに変えることができます。

当たり前と言えば当たり前ですが、この画面の明るさの設定が暗くなっていると画面は暗くなってしまいます。

コントロールセンターから画面の明るさを見直す方法

まずはコントロールセンターから画面の明るさを見直す方法です。

コントロールセンターから画面の明るさを変える方法 その1

コントロールセンターを開いて、太陽のマークがあるのが画面の明るさの調整です。上下にスライドさせることで明るさを変えることができます。

またスライダーを3Dタッチ(グッと押し込む)、または長押しすると、拡大表示され明るさの調整をしやすくなります。

「明るさの自動調整」を見直してみる

次に試してみたいのは明るさの自動調整です。

明るさの自動調整というのは、環境光センサーを使って、周りの明るさに合わせて最適な輝度(明るさ)に調整してくれる機能のことです。暗い部屋では輝度を下げて、明るい屋外などでは輝度を上げます。

明るさの自動調整は初期設定では場合、オンです。

稀に明るさの自動調整オンでも画面の明るさが変わらなかったり、オフにした記憶がないのに勝手にオフになっていることがあるので、スイッチのオンオフをしてみることをお勧めします。

明るさの自動調整オンにしていると電池の消耗が激しいという意見もありますが、個人的にはオンにしてもオフにしても電池の減りはあまり変わらないと思っています。

ただし「画面が明るいほうが暗いときより電池の消耗が激しい」ので、意図的にずっと暗い状態にしている人がいるのも事実です。

明るさの自動調整の設定を確認する方法は以下の通りです。

iOS 13・iPadOS 13以降の場合

  1. 設定を開く
  2. 下にスクロールし、アクセシビリティをタップ
  3. 画面表示とテキストサイズをタップ
  4. 明るさの自動調節を確認する
iOS 12.4かそれ以前の場合

明るさの自動調整の設定を確認する方法 その1

  1. 設定を開く
  2. 一般をタップ
  3. アクセシビリティをタップ

明るさの自動調整の設定を確認する方法 その2

  1. ディスプレイ調整をタップ
  2. 明るさの自動調整の設定を確認する

「ホワイトポイントを下げる」という設定を確認する

あまり聞き慣れない設定かもしれませんが、iPhoneやiPadの設定のなかにホワイトポイントを下げるという設定があります。

ホワイトポイントを下げることで、画面は通常よりも暗くなります。初期設定ではオフとなっていますが、何かの拍子に設定が変わってしまった可能性もありますのでチェックしてみましょう。

ホワイトポイントを下げるという設定を確認する方法は以下の通りです。

iOS 13・iPadOS 13か、それ以降の場合

  1. 設定を開く
  2. 下にスクロールしてアクセシビリティをタップ
  3. 画面表示とテキストサイズをタップ
  4. ホワイトポイントを下げるオンになっていたらオフ

iOS 12.4か、それ以前の場合

ホワイトポイントを下げるをオフにする方法

  1. 設定を開く
  2. 一般をタップ
  3. アクセシビリティをタップ

「ホワイトポイントを下げる」の設定を確認する方法

  1. ディスプレイ調整をタップ
  2. ホワイトポイントを下げるオンならオフ

ズーム機能の「低照度」を見直す

画面が突然暗くなってしまう原因の1つにズーム機能が上げられます。

上で紹介したホワイトポイントを下げるという機能同様、あまり見慣れない・耳慣れない機能かもしれません。

ズーム機能のなかにある低照度という機能がオンになっていると画面が暗くなってしまいます。

その設定は以下の手順で確認することができます。
もし低照度がオンになっていることで画面が暗くなってしまっていた場合は、低照度をオフにすることで画面が明るくなるはずです。

iOS 13・iPadOS 13か、それ以降の場合

  1. 設定を開く
  2. 少し下にスクロールしてアクセシビリティをタップ
  3. ズームをタップ
  4. ズーム機能オンになっていたらオフ

もしズーム機能を使っていて、低照度だけをオフにしたい場合は下記の操作を行って下さい。

  1. 設定を開く
  2. 少し下にスクロールしてアクセシビリティをタップ
  3. ズームをタップ
  4. ズームフィルタをタップ
  5. 低照度にチェックが入っていたらなしをタップ

iOS 12.4か、それ以前の場合

  1. 設定を開く
  2. 少し下にスクロールして一般をタップ
  3. アクセシビリティをタップ
  4. ズーム機能オフ

もしズーム機能を使っていて、低照度だけをオフにしたい場合は下記の操作を行って下さい。

  1. 設定を開く
  2. 少し下にスクロールして一般をタップ
  3. アクセシビリティをタップ
  4. ズーム機能をタップ
  5. ズームフィルタをタップ
  6. 低照度が選択されていたら、なしをタップ

iPhone・iPadを再起動してみる

スポンサーリンク

「画面の明るさ」に限った話ではないのですが、iPhoneやiPadは再起動することで様々な問題が解決することがあります。

上記の明るさの調整を手動で変えたり、明るさの自動調整をやっても明るさが変わらない、または思ったように明るさが変わらない場合は端末の再起動をしてみましょう。

それでも直らない場合は

明るさの自動調整のところでも触れましたが、iPhoneやiPadの画面上部には環境光(周りの明るさ)を感知するセンサーが付いています。

このセンサーが覆われていたり、壊れていると画面は暗くなることがあります。故障の場合は逆に明るくなったり、自動で明るさが変わらなくなることも。

そのためもし「スクリーンプロテクタを付けたら画面が暗くなった」などセンサーを塞いでしまった可能性がある場合は、その原因を取り除いてみましょう。

また特に何も塞いでいない場合は故障の可能性もあります。その場合はAppleのサポートに一度相談してみるか、正規サービスプロバイダに相談してみることをお勧めします。

関連記事