AirPodsをタップするとできる操作とカスタマイズ方法

AirPodsを初めて手にした時、物理的なボタンがないことに驚きました。

それでも曲を先に送ったり、一時停止したりすることができるのは、本体をダブルタップすることで、左右に一つずつ操作を割り当てることができるからです。

この記事ではAirPodsをダブルタップすることで行える操作と設定方法を紹介します。

AirPods Proをお持ちの方は

スポンサーリンク

AirPods ProとAirPodsでは本体の操作が若干異なります。

AirPods Proをお持ちの方で本体操作の方法、カスタマイズ方法を知りたい方は下記のページをご覧ください。

AirPodsで行える操作は主に4種類

スポンサーリンク

AirPodsをダブルタップすることで行える操作は主に4種類です。

  • Siri
  • 再生/一時停止
  • 次のトラック
  • 前のトラック

それ以外にダブルタップをしても何も反応しないように「オフ」にすることもできます。

AirPodsのタップ操作を変更する方法

AirPodsのタップ操作は初期設定では左右ともに「Siriの起動」となっています。

でも、正直なところAirPodsでSiriを使っている人ってほとんどいないのではないでしょうか。特に街中だとちょっと怖いです。

そこでタップ操作の設定を変更しましょう。

  1. 設定を開く
  2. Bluetoothをタップ
  3. AirPodsをタップ
  1. AirPodsのダブルタップの中から変更したい方(左右)をタップ
  2. 4つのアクションの中から好きなものを選ぶ

僕は右を「次のトラック」に。そして左を「Siri」に設定してボリューム調整など音声操作にあてましたが、正直「Siri」を使う機会はほとんどありません。左を「前のトラック」にしても良いかな?と思い始めています。

AirPodsをより使いやすく、便利にする設定にまつわる記事はこちらです。

そのほか、AirPodsの調子が悪い時、失くしてしまった時など困った時に参考になるかもしれない記事がこちらです。

関連記事