AirPodsの名前をiPhone・iPad・Macから変える方法

AirPodsの名前がカッコ悪くてiPhoneなどに繋げるたびに「ダサいなぁ」と思ったことありませんか?

この記事ではAirPodsの名前を変える方法を紹介します。

「〇〇のAirPods」という名前を変えたい

スポンサーリンク

Apple製品はiPhoneもiPadもMacも、そしてAirPodsもアクティベートしたあとに付けられる名前のセンスが微妙です。

どれも「◯◯のiPhone」や「◯◯のAirPods」となってしまいます。そのためApple製品を買ったら、まずやることの1つに「名前を変える」人がいます。僕はそのひとりです。

AirPodsの名前を変えるのに必要なもの

スポンサーリンク

AirPodsは本体に画面も操作するキーボードもトラックパッドもありません。

そこでAirPodsとペアリングしている機器(iPhoneやiPad、Macなど)が必要になります。

iPhone・iPadでAirPodsの名前を変える方法

まず始めにiPhoneやiPadからAirPodsの名前を変える方法を見ていきましょう。

ちなみにAirPodsの名前を変えるときは、AirPodsと接続した状態で接続したiPhoneやiPadを使って名前を変更する必要があります。

AirPodsの名前を変える方法 1/2

  1. 設定を開く
  2. Bluetoothをタップ
  3. AirPodsの名前の右にあるをタップ
  4. 名前をタップ

AirPodsの名前を変える方法 2/2

  1. AirPodsの名前をタップ
  2. 好きな名前を入力(ただしAirPodsは不可)
  3. キーボードの完了をタップ
  4. 画面上の名前が新しい名前に変わっていたら変更終了です

上でも少し触れましたが、AirPodsという名前にすることはできません。その代わり僕の場合、AirpodsやAirPods.にしています。最初はAirPodsのpが小文字。そして2つ目は最後に.が付いています。

これであのカッコ悪い名前初期設定の名前から解放されます。

AirPodsの名前をMacから変更する方法

続いてはMacを使ってAirPodsの名前を変更する方法です。

  1. 画面左上のアップルマークをクリック
  2. システム環境設定をクリック
  3. Bluetoothをクリック
  4. AirPodsを右クリックすると接続解除削除と一緒に名称変更がでるので、名称変更をタップ
  5. 変更画面に新しいAirPodsの名前を入力
  6. 名称変更をクリック

関連記事