Apple Musicのサブスクリプションを解約する方法。解約後の音楽はどうなるの?

スポンサーリンク

この記事ではApple Musicのサブスクリプションを解約・退会する方法を紹介します。

それと同時にApple Musicのサブスクリプションを解約した後、これまで聞くことができた音楽はもう聞けないのか?という疑問についてもまとめています。

Apple Musicを解約したいと思ったことありませんか?

Apple Musicは月額980円です。家族会員で1480円、さらに学生なら480円で使うことができます。

でも、こんな理由でApple Musicを使わなくなってしまうことありませんか?

  • Apple Musicのお試し期間が3ヶ月だと聞いて試してみたものの、思ったほど使わなかった
  • Youtube Premiumを始めたら、Apple Musicを聞かなくなった
  • 就職・転職・結婚・出産などでライフスタイルが変わって音楽を聞く時間が減った
  • Spotify、Amazon Musicの方が好きだった

スポンサーリンク

980円といえばちょっとしたランチ1回分、スタバなどのカフェならコーヒー2杯分、缶コーヒーなら7本分です。1ヶ月なら大した金額ではありませんが、1年ずっと解約しなかったら12,000円です。使わないのであれば解約しておきましょう。

Apple Musicを解約・退会する方法

Apple Musicを解約するには、App Storeから行う方法とミュージックアプリから行う2つの方法があります。

ここではApp Sotoreから行った解約の方法を紹介します。

  1. 設定を開く
  2. 画面上、Apple IDのアイコン周辺をタップ
  3. サブスクリプションをタップ
Apple Musicのサブスクリプションを解約する方法
  1. Apple Musicをタップ
  2. サブスクリプションをキャンセルをタップ
  3. 確認画面で確認をタップ

以上でサブスクリプションは解約されます。
解約後、すぐにApple Musicが使えなくなるわけではなく、登録期限の最終日まで使うことができます。

そのため解約・退会すると決めたら、登録期限の最終日や解約期限のギリギリで行うのではなく、余裕を持って早めに解約してしまっても良いのかもしれません。

スポンサーリンク

解約・退会したあとの音楽やプレイリストはどうなる?

では、Apple Musicを解約したあと、今までダウンロードした曲や、作ったプレイリストはどうなってしまうのでしょうか。

残念ながらApple Musicでダウンロードした音楽は契約の最終日を過ぎたあとは聞くことができなくなってしまいます。

またiTunesにダウンロードした音声ファイルを別の場所にコピーして、削除されるのを逃れたとしても著作権保護のロック(DRM保護)がかかっているため、再生することができません。

その辺は「購入した音楽」とは違うところなので残念ですが、しかたありませんね。

関連記事