AirPodsをiPhone・iPad・Macで切り替えて使う方法

スポンサー・リンク

AirPodsは他のBluetoothと比べて、iPhoneやiPad、MacなどApple製品間で切り替えながら使うのが非常に楽です。

この「端末の切り替えが楽」は「AirPodsを買ってよかったこと」の1つです。

この記事ではAirPodsをiPhoneやiPad、Macで切り替えながら使う方法を紹介します。

AirPodsをiPhone・iPadに切り替える法

スポンサーリンク

AirPodsをiPhoneやiPadに切り替える方法は以下の通りです。

AirPodsをコントロールセンターから接続する方法

iPhone・iPadでAirPodsを接続する方法

  1. コントロールセンターを開く
  2. 右上にあるミュージックの更に右上のアイコンをタップ
  3. AirPodsをタップ

設定から接続する方法

コントロールセンターからAirPodsに接続しようとしても繋がらないことがあります。そんなときは設定から接続を試みてください。

  1. 設定を開く
  2. Bluetoothをタップ
  3. お使いのAirPodsをタップ

AirPodsをMacに接続する方法

スポンサーリンク

続いてMacにAirPodsを接続する方法です。

画面上部の「音量」から接続する方法

MacでAirPodsを接続する方法

  1. 画面上部のメニューバーのスピーカー(音量)をクリック
  2. AirPodsが表示されるので、AirPodsをクリック

画面上部の「Bluetooth」から接続する方法

もし画面上部にあるメニューの音量(スピーカー)からAirPodsに繋がらない場合は、同じく画面上部のメニューにあるBluetoothから接続してみてください。

  1. 画面上部のメニューバーのBluetoothをクリック
  2. AirPodsが表示されるので、AirPodsをクリック

AirPodsはペアリングの手間がなさすぎて驚く

AirPods以外のBluetoothイヤホンやヘッドフォンを使ったことがある方なら、複数の端末を切り替えながら使う面倒くささは皆さんご存じだと思います。

端末を切り替える度にBluetoothの接続をやり直すのはけっこう大変です。

それがAirPodsはたったこれだけの操作で、複数の端末を縦横無尽に行き来することができます。このためだけにAirPodsを買ったといっても過言ではありません。本当に便利です。

関連記事