それ以外の使い方

AirPodsをiPhone・iPad・Macで切り替えて使う方法

スポンサーリンク

AirPodsは他のBluetoothと比べて、iPhoneやiPad、Macなど複数の端末を切り替えながら使うのが非常に楽です。

この「端末の切り替えが楽」は「AirPodsを買ってよかったこと」の1つです。

AirPodsをiPhone・iPadに切り替える法

AirPodsをiPhoneやiPadに切り替える方法は以下の通りです。

  1. コントロールセンターを開く
  2. 右上にあるミュージックの更に右上のアイコンをタップ
  3. AirPodsをタップ

AirPodsをMacに接続する方法

続いてMacにAirPodsを接続する方法です。

  1. 画面上部のメニューバーのスピーカーをクリック
  2. AirPodsが表示されるので、AirPodsをクリック

AirPodsはペアリングの手間がなさすぎて驚く

AirPods以外のBluetoothイヤホンやヘッドフォンを使ったことがある方なら、複数の端末を切り替えながら使う面倒くささは皆さんご存じだと思います。

端末を切り替える度にBluetoothの接続をやり直すのはけっこう大変です。

それがAirPodsはたったこれだけの操作で、複数の端末を縦横無尽に行き来することができます。このためだけにAirPodsを買ったといっても過言ではありません。本当に便利です。

追記:
Jabra Elite 65tなど一部のBluetoothイヤホンや、AirPodsの更に上をいく切り替えが可能になっているようです。。。知らなかった。。

スポンサーリンク

Kindle Unlimitedなら無料で読める

「iPhone芸人 かじがや卓哉のスゴいiPhone 超絶便利なテクニック123」をKindle Unlimitedなら無料で読むことができます。(通常1,490円)

iPhone芸人 かじがや卓哉のスゴいiPhone 超絶便利なテクニック123
1,490円→Kindle Unlimitedなら無料!
31件のレビュー
ソフトカバー版や通常のKindle版も有り
Amazonのページを見る

関連記事+広告

ABOUT ME
masa osada
masa osada
ニュージーランド在住。Mac歴はMac OS 7.6から。iPhone歴は3Gから使ってます。