iPhone・iPadの暦を西暦から和暦にする方法(iOS 12.3で対応)

スポンサー・リンク

この記事ではiPhoneやiPadの暦を2019年などの「西暦」から、平成や2019年5月から導入れた新元号「令和 れいわ」に変更する方法を紹介します。

新元号「令和」に対応するにはiOS 12.3へのアップデートが必要

スポンサーリンク

まず初めに触れておきたいことがあります。

iPhoneやiPadのカレンダーなどの表記を新元号の「令和」に対応させたい場合は、iPhone・iPadのOS「iOS」を「12.3」にアップデートする必要があります。

アップデートは2019年5月14日にリリースされました。

アップデート方法は

  1. 設定を開く
  2. 一般をタップ
  3. ソフトウェア・アップデートをタップ
  4. アップデートが表示されるので画面に従って操作

以上で行うことが可能です。iOSのアップデートにかかる時間はお使いの端末やそれまで入っていたiOSのバージョン、さらにインターネットの回線速度によって変わります。

アップデートには必ず時間を持って行うようにしましょう。

iPhone・iPadの暦を西暦から和暦にする方法

スポンサーリンク

iPhoneやiPadでは初期設定の状態では「暦」として「西暦」が使われています。

この暦を西暦から和暦に変える方法は以下の通りです。非常に簡単に行えます。

  1. 設定を開く
  2. 一般をタップ
  3. 下にスクロールして言語と地域をタップ
  4. 下にスクロールして暦法をタップ
  5. 和暦をタップ

これで2019年などの西暦から、平成や令和といった和暦に変更できました。

ちなみに2019年4月1日時点、新元号「令和」が発表になった時点では、当たり前ですがiPhone・iPadは対応していません。次のアップデートで対応されることを期待しています。

2019年5月14日に「令和」に対応したiOS 12.3がリリースされました。

関連記事