ホームボタンの振動の強さを変える方法 [iPhone7][iOS10]

ホームボタンの振動の強さを変える方法 [iPhone7][iOS10]

iPhone X以降ここが変わった!「マルチタスキング」を表示。iPhone XS・iPhone XR対応
iPhoneの「手前に傾けてスリープを解除」をオフにする方法
iPhone 7にしたら画面が前より暗くなった!?そんなときの解決法

スポンサーリンク

iPhone7になって、ホームボタンが変わりましたね。

きっとiPhone7を最初に起動してその違いに気がついた人も多いと思います。このホームボタン、実は「カチッ」となる振動の強弱を3段階で変えられるってしってましたか?

今回はそんなホームボタンの振動の強さについてです。

iPhone7でホームボタンの何が変わった?

home-button

大きく変わったところの1つに「ホームボタン」があげられます。

スポンサーリンク

今までの「ホームボタン」は文字通り「ボタン」です。押せば少し凹んでカチッと反応します。もちろんその部分は1つのパーツになっています。

ところがiPhone7からは「ボタンのパーツ」は壊れやすいなどの理由でなくなりました。そして「ボタン風」になったんです。というのも、ホームボタンがある場所に圧力を感知するセンサーがあって、そこが押されると内部にあるタプティックエンジンという振動を発する機械が感知して、あたかも押したような「カチッ」という振動を返してきます。

試しに電源を切った状態でiPhone7のホームボタンを押してみると「ボタンでなくなった」という意味がわかってもらえると思います。ホームボタンを押しても何の反応もありません。

iPhone7のホームボタンの強弱を変える

ホームボタンの設定の仕方は簡単です。

設定一般ホームボタンと選ぶと設定画面が出てきます。一番左の「1」が「弱」、そして「2」が「中」、最後の「3」は「強」です。

change-home-button-setting-01

1つずつ試してみると、それぞれ若干ずつ違うことに気がつくと思います。僕は最初「2」にしていましたが、一時期は「3」に。でも、ここ2−3日は「弱」を使っています。この辺は完全に好みなのでいろいろ試してみてください。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

COMMENTS