【iPhone】ホームボタンを押した時の振動の強さを変える方法

この記事ではiPhoneのホームボタンを押した時の振動の強さを変える方法を紹介します。

そもそも「ホームボタンのクリックした振動」の強さを変えられることすら知らない人もいるかもしれませんが、iPhoneはあのカチッという振動を3段階で変えることができるんです。

ホームボタンをクリックした時の振動の強さを変える方法

スポンサーリンク

home-button

ホームボタンがあるiPhoneはiPhone 7からホームボタンをクリックした時のカチッという振動の強さを3段階で調節することができます。

通常は「中」で設定されていますが、それよりも弱くしたり、逆に強くすることが可能です。

ホームボタンの設定の仕方は簡単です。

change-home-button-setting-01
  1. 設定を開く
  2. 一般をタップ
  3. ホームボタンをタップ
  4. 振動の強さを選ぶ。一番左の1が一番弱く、3が強い振動を返してきます
  5. 最後に画面右上の完了をタップ

1つずつ試してみると、少しずつ強さが違います。

僕は最初「2」にしていましたが、一時期は「3」にしたり「1」にしたり変えて使っていました。この辺は完全に好みなのでいろいろ試してみてください。

iPhone 7以前やiPadは強さを変えられない

スポンサーリンク

iPhone 6s以前のiPhoneや、iPadのホームボタンは振動の強さを変えることができません。

その理由はホームボタンの構造です。iPhone 7以降のホームボタンがあるiPhoneは、それまでのiPhoneやiPadとホームボタンは構造が根本から異なるからです。

iPhone 7以前のiPhoneやiPadの「ホームボタン」は文字通り「ボタン」です。押せば少し凹んでカチッと反応します。パソコンのキーボードを押したのと同じ機械的なボタンです。

ところがiPhone 7から「ボタン風」のホームボタンが搭載されました。

「ボタン風」と書いた理由は、ホームボタンがある場所に圧力を感知するセンサー(感圧センサー)が配置されました。ホームボタンが押されたら、その圧力を感知してあたかもボタンが押されたような「カチッ」という振動を返してくれます。

この仕組みはタプティックエンジンと呼ばれています。

つまり擬似的なボタンがあるだけということです。そのためiPhone 7やiPhone 8、iPhone SEは電源を切るとホームボタンはただの凹みでしかなく、押してもカチッと言いません。

もし手元にiPhone 7かiPhone 8やiPhone SEなどの擬似的なボタンを搭載したiPHoneと、iPhone 6sかそれ以前の機種があったら2つの機種を押し比べてみてください。試しに電源を切った状態でそれぞれのホームボタンを押してみると、その違いは歴然です。

関連記事