Apple Watchのパスコードを4桁から最大10桁に変える方法

Apple Watchのパスコード(パスワード)は初期設定では4桁です。

その昔、iPhoneやiPadのパスコードも同じ4桁でした。ところがセキュリティーを考慮して2015年にリリースされたiOS 9からパスコードが6桁になりました。

あまり知られていませんが、実はApple WatchもiPhoneやiPadと同じようにパスコードを4桁以上に変えることができるんです。

この記事ではApple Watchのパスコードを4桁から6桁などに変える方法を紹介します。

Apple Watchのパスコードを4桁以上に変える方法

スポンサーリンク

Apple Watchのパスコードを変えるには、Apple Watch本体を使って行います。

ちなみにパスコードは初期設定は4桁で最大10桁まで変更可能です。

それではApple Watchを使ってパスコードの桁数を変える方法です。

Apple Watchでパスコードを4桁以上にする方法

  1. 歯車のアイコンをタップ
  2. 下にスクロールしてパスコードをタップ
  3. 簡単なパスコードオフ
  4. 現在のパスコードを入力
  5. 新しいパスコードを入力
  6. 新しいパスコードをもう一度入力

以上でパスコードが変わりました。

ちなみにiPhoneからもWatchアプリからパスコードの変更ができそうなメニューがありますが、パスコードはiPhoneで入れずにApple Watchで入れることになります。

なのでそれなら最初からApple Watchで行ってしまうことをお勧めします。

関連記事