iPhoneでアプリ使わず簡単にRAM(メモリ)のクリアを行う方法

iPhoneを使っていて、アプリや操作した感じがいつもよりも妙に重たい。そんな経験したことありませんか?

そんなとき効果的なのが「メモリのクリア」です。

この記事ではiPhoneのメモリをクリアする方法を紹介します。

iPhoneでメモリ(RAM)のクリアを行う方法

スポンサーリンク

iPhoneでメモリのクリアを行う方法は「iPhone 8やiPhone 7といったホームボタンがある端末」と「iPhone XSやiPhone XRといったホームボタンがない端末」でやり方が異なります。

iPhone 8またはそれ以前のホームボタンがないiPhoneの場合

まずはじめに簡単な方から紹介します。
iPhone 8やそれ以前のiPhoneでメモリのクリアを行うのは非常に簡単です。

  1. 電源ボタンを長押しする
  2. スライドで電源オフが出たら、ホームボタンを長押し
  3. ロック画面やホーム画面が表示されたら手を離す

たったこれだけです。ものすごく簡単です。

iPhone X以降のホームボタンがないiPhoneの場合

では続いてiPhone X以降、iPhone XSやiPhone XRでメモリのクリアを行う方法です。

iPhoneのRAM(メモリー)をクリアにする方法 iPhone X以降 1/3

  1. 設定を開く
  2. 一般をタップ
  3. アクセシビリティをタップ

iPhoneのRAM(メモリー)をクリアにする方法 iPhone X以降 2/3

  1. 下にスクロールしてAssistiveTouchをタップ
  2. AssistiveTouchオン
  3. カスタムアクションシングルタップメニューを開くに変更
  4. 画面に半透明のボタンが表示されるのを確認する

iPhoneのRAM(メモリー)をクリアにする方法 iPhone X以降 3/3

  1. 設定一般まで戻り、一番下にスクロールしてシステム終了をタップ
  2. 半透明のボタンをタップ
  3. ホームを長押し
  4. 2-3秒長押しすると一瞬画面が白く点滅し、設定の画面に戻る

これでメモリー(RAM)のクリアは完了です。

ちなみに設定からシステム終了を選ばずに、サイドボタンと電源ボタンを長押しにしてiPhoneの終了画面を出した場合、メモリ(RAM)のリセットは行われません。必ず設定一般システム終了の手順で終了画面を出しましょう。

また半透明のボタン(AssistiveTouch)は邪魔な場合はメモリのクリアのあとにAssistiveTouchをオフにしておきましょう。

 

関連記事