iPhoneが熱い!そんな時の対処法とやってはいけないこと

スポンサー・リンク

ポケットやカバンからiPhoneを取り出したら、iPhoneがメチャクチャ熱くなってる!

そんな経験したことありませんか?何も操作していないのに熱くなっていると不安になります。

iPhoneが熱くなっている時、皆さんはどうしていますか?
今日はiPhoneが急に熱くなってしまったときの対処法と、そのとき絶対にやってはいけないことを紹介します。

iPhoneが熱い!そんなときにしてはいけないこと

手元に熱々のiPhoneを持っていたら、まずあなたなら何をしますか?

「冷やす」と答えた方は要注意です。冷やし方によってはiPhoneが壊れる原因を作ってしまうかもしれません。

絶対に急激に冷やしてはいけない

熱いiPhoneにやってはいけないこと。
それは「急激に冷やすこと」です。まさか水をジャーっとかけて冷やす人はいなくても、冷蔵庫や冷凍庫に入れてみたり、保冷剤のようなものをあてて冷やそうする人はいるかもしれません。

それは絶対にやってはいけません。

どうして急激に冷やしてはいけないのか。
それは急激に冷やすことでiPhone本体の中の空気が急激に冷やされることで、本体内部が結露してしまう可能性があるからです。

結露=水が発生するということです。つまり精密機器であるiPhoneの内部に水が入ったらどうなるか。。。わかりますよね。

熱々のiPhoneは徐々に冷やすのが鉄則

では、熱々になってしまったiPhoneはどうすればいいのでしょうか。

アプリを終了させる。特にゲーム

発熱の原因はいろいろありますが、そのうちの1つがCPUに負荷がかかっていることによる発熱です。特にゲームはスマホの性能を要求するので熱を発しやすいです。

なので、ゲームを始めとしたアプリの使用を止めて、ホーム画面を表示させておきましょう。

日当たりの良い場所は避け日陰で風通しの良い場所へ

窓辺にiPhoneを置きっぱなしにして、「高温注意」というエラーメッセージとともにiPhoneが止まってしまったことが何度かあります。

日差しが強い日は窓辺にiPhoneを置かず、日影で風通しが良い場所に置いておきましょう。いったんiPhoneが熱くなってしまった場合も日影で風通しの良い場所に置いておくことをお勧めします。

機内モードをオンに。モバイル通信やWi-Fiもオフに

通信が多いアプリも発熱の原因となります。できればiPhoneを機内モードにして、モバイル通信やWi-Fiもオフにするようにしましょう。

ただ通信を完全に切れない人もいると思うので、通信をオフにするのは「絶対」ではありません。

充電中の場合はいったん充電を止める

充電中は発熱します。特に夏の暑い日は気温が熱いので発熱しやすくなります。

もしある程度iPhoneが充電されていたら、いったん充電を止めてiPhoneをクールダウンさせましょう。

ケースに入れていたらケースを取る

iPhoneのケースは耐衝撃という意味では優れていますが、放熱の観点から見ると熱がこもりやすくなっています。特にウォレットタイプのケースは熱がこもりがちなので注意が必要です。

なので、iPhoneが熱々の場合はケースをいったん外して上げましょう。

頻繁に発熱する!?そんなときはAppleに相談を

iPhoneの発熱。どこまでが正常で、どこまでが故障を疑えば良いのかわかりにくいかもしれません。

ゲームをしていて熱くなったり、直射日光が当たって熱くなるのは普通です。

また充電中に必ず熱くなる場合は、充電ケーブルや充電器の故障も考えられますので、ケーブルや充電器を別のものに変えてみるのも1つの解決策です。

何もしていない、例えば直射日光が当たらない机の上に置きっぱなしにしているのに頻繁に発熱する場合は、Appleに相談してもいいかもしれません。

 

スポンサーリンク

Kindle Unlimitedなら無料で読める

「iPhone芸人 かじがや卓哉のスゴいiPhone 超絶便利なテクニック123」をKindle Unlimitedなら無料で読むことができます。(通常1,490円)

iPhone芸人 かじがや卓哉のスゴいiPhone 超絶便利なテクニック123
1,490円→Kindle Unlimitedなら無料!
★4.5 31件のレビュー
ソフトカバー版や通常のKindle版も有り
Amazonのページを見る

関連記事+広告