【iOS 13・iPadOS 13】iPhone・iPadでアプリの移動・削除できない時のやり方

iOS 13とiPadOS 13になりアプリの移動と削除のやり方が若干変わりました。

そこでこの記事ではiOS 13・iPadOS 13でアプリの移動や削除ができない時のやり方を紹介します。

iOS 13とiPadOS 13からアプリの移動と削除の方法が少し変わった

スポンサーリンク

iOS 12.4までのアプリの移動や削除といえば、アプリを長押ししてアプリのアイコンがプルプルと震え出したら行うことができました。

iOS 12.4までの削除と移動のさせ方を知りたい方は別で記事を用意していますのでそちらをご覧ください。

ところが2019年9月にリリースされたiOS 13やiPadOS 13から少しだけ変わりました。

といっても基本的な操作は同じです。ただ普段と見慣れないがメニューが出てくるようになったことで、どうしていいか戸惑っている方も多いようです。

iOS・iPadOS 13.2以前の場合

iOS 13.0とiOS 13.1、そしてiPadOS 13.1でアプリを削除する方法は以下の通りです。

  1. 削除・移動したいアプリを長押し
    グッと押し込まなくてもOK。指で触るだけのイメージ。
  2. メニューが表示されるのでAppを並び替えるをタップ
  3. アイコンが震えるので、移動させたい場合は好きな場所へ移動。削除したい場合はアイコン左上の×をタップ

iOS 13.2・iPadOS 13.2以降の場合

iOS 13.2とiPadOS 13.2は操作方法は同じですが、メニューの表記が少しだけ変わってよりわかりやすくなりました。

iOS 13.2 iPadOS 13.2でアプリを移動削除する方法

アプリの移動や削除を行うには、移動・削除したいアプリのアイコンを長押しします。

するとパソコンの右クリックのようなメニューが表示されるので、アプリを移動させたい場合はホーム画面を編集をタップします。するとアイコンが震えるので好きな位置に移動させます。

アプリを削除したいときはAppを削除をタップするか、ホーム画面を編集を押した後、アイコン左上の×を押すことでアプリを削除することができます。

関連記事