iPhoneでアプリの削除・移動ができない!そんなときの対処方法

iPhoneでアプリの削除・移動ができない!そんなときの対処方法

iPhoneの懐中電灯(ライト)の明るさを変える方法
iPhone・iPadでアプリを削除したいのにできないときの対処方法
新しいiPhoneを買って古いiPhoneから移行する前にやっておきたいこと

スポンサーリンク

iPhone 6以前のユーザーが新しいiPhoneを買うと戸惑うことがあります。

それはアプリの削除や移動をしたいのに、アイコンがユラユラしたり、アイコンの左上に☓も出てこず、なんだか見慣れない画面が出てきてしまうことです。

何の問題もなくアプリを消したり、移動できる人からしてみればいったい何を言っているのかわからないかもしれません。

いったいなぜアプリの削除や移動ができなくなってしまうのでしょうか。

上手く消せない理由は3D Touchが原因

iPhone 6sからiPhoneには3D Touchという機能が加わりました。(iPhone SEは非対応)3D Touchがどんな機能か簡単に説明すると「画面を強く押すとパソコンで言う右クリック」ができるようになりました。

スポンサーリンク

3D Touch自体、慣れてくるととても便利な機能なんですけど、慣れないと思わぬ操作をしてしまいます。その1つが「アプリを上手く消せない」です。

ちなみにカレンダーアプリの定番中の定番Calendars 5 by Readdleの場合、アプリをグッと押す(3D Touchする)と、右のスクリーンショットのようなメニューが表示されます。

こういった画面になるということはアイコンを強く押しすぎて、3D Touchが動作しているということです。

優しく押してあげましょう

アプリを削除したいときは、「アプリのアイコンを押す」のではなく、アプリにに触れているだけで大丈夫です。

押すと3D Touchと判定されてしまいます。

関連記事

スポンサーリンク

COMMENTS