iPhone・iPadの画面の明るさが勝手に変わるのをオフにする方法

iPhoneやiPadは周りの明るさに合わせて、画面の明るさを自動的に調整してくれます。

勝手に明るさを変えてくれるのは便利なときもあります。でも時には勝手に変わって欲しくないときもあります。

そこでこの記事では、この「画面の明るさの自動調整」をオフにする方法を紹介します。

画面の明るさの自動調整をオフにする方法(iPhone・iPad)

スポンサーリンク

iPhoneやiPadは周りが明るいときは画面が明るくなり、逆に周りが暗いときは画面が暗くなります。この機能、基本的にオフにする必要はありませんが、使用環境によっては自動で明るさが変わって欲しくないケースもあります。

そんなときは以下の操作で明るさの自動調整オフにしましょう。

この操作はiOS 13・iPadOS 13と、それ以前のiOS(12.4以下)で操作方法が異なります。

iOS 13・iPadOS 13以降の場合

iPhone・iPadで画面の明るさの自動調整をオフにする方法 iOS 13・iPadOS 13
  1. 設定を開く
  2. 下にスクロールし、アクセシビリティをタップ
  3. 画面表示とテキストサイズをタップ
  4. 明るさの自動調節オフ

iOS 12.4かそれ以前の場合

iPhone・iPadで画面の明るさの自動調整をオフにする方法 iOS 12 その1
  1. 設定を開く
  2. 一般をタップ
  3. アクセシビリティをタップ
iPhone・iPadで画面の明るさの自動調整をオフにする方法 iOS 12 その2
  1. ディスプレイ調整をタップ
  2. 明るさの自動調整をオフに

これで画面の明るさは勝手に変わらなくなります。

iPhone・iPadの画面の明るさを手動で変える方法

スポンサーリンク

上記の設定で明るさの自動調節がオフになったと言うことは、手動で暗いところでは画面を暗く、明るいところに行ったら画面を明るくしなければなりません。

iPhone・iPadの画面を明るくするのはコントロールセンターから調整します。

iPhone・iPadの画面の明るさを手動で調節する方法
  1. コントロールセンターを出す
  2. 太陽のアイコンを上にスライド

暗くしたいときは、太陽のアイコンを下にスライドしましょう。

関連記事